自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「やりたいことが見つからない人」に伝えたい、“僕なりの”やりたいことを見つける方法


今、読んでおくべき本【随時更新】
「ついやってしまう」体験のつくりかた

行動力や勉強が大事なこともわかっているし、仕事に一生懸命にもなりたいけど、そもそも、やりたいことが見つからない…そんな人も多いかと思います。

 

やりたいことが見つからない人に対して、今までたくさんの人たちが、やりたいことを見つける方法を考え、発信してきたと思いますが、今日は僕がオススメする「やりたいことを見つける方法」について、書いてみたいと思います。

 

“誰かが、あなたにやってもらいたいこと”をやる。
以上です。

 

いや、さすがにここで終われないので、もう少し書くと…。
僕は自分が好きなこと、自分がやりたいことをやっている人より、誰かが「これを、あなたにやってもらいたいんだ!」という仕事をしている人のほうが、正直結果を出している(=世の中から評価されている)気がします。そして、「誰かが、あなたにやってほしい仕事」を続けて、結果を出してきたその先に、自分でも気づかなかった(出会えていなかった)、本当に自分がやりたいことと出会えている人が多いと感じています。

 

だから僕は、今「自分がやりたいことが見つからない」と嘆いている人がいたら、誰かが自分にやってほしいことはなにか? を本気で考えて、取り組んでみることをオススメしたいのです。
そのときに忘れてほしくないのが、「(やってくれるのは)あなた“でも”いい仕事」でなく、「あなた“だから”お願いしたい仕事」であるか? を見極めること。誰にお願いしてもいい、ただの雑務をやっていても、なかなか自分のやりたい仕事は見つからないと思うので…。

 

あの人が、あなた“だから”やってほしいと思っている仕事は、なんですか?