自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

夢は「ゴール」ではなくて、「エンジン」である


個人的には非常にいいタイミングで、素敵な“走り書き”を見つけました。

 

「夢はゴールじゃなくてエンジン by 指南役」

 

僕が尊敬するプランナーのひとり、指南役さんの言葉です。何かの著書に書いてあったのか、ツイートしていたかのどちらかだと思うのですが、それを少し前の自分がメモしていたのです。とても素敵なメッセージだと思いませんか?

 

以前、『キャリアの8割は、「予期しない出来事」や「偶然の出会い」がつくる』という“人気”記事でも書きましたが、個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決まるものなのです。つまり、目指していたゴールや、そのプロセスは変わることがほとんどで、最後のゴールがどこにあるかなんて、実は誰にもわからなかったりする…。

 

「夢」というものは叶えることが重要なのではなく、そこに向かって突き進むことが重要。確か指南役さんは、そんなことも書かれていました。そう、夢とは、明日の自分を突き動かすエンジンなのです。

 

生涯の夢を見つけなければならない。その夢を愚直に追いかけなければいけない…。そんなふうに考えている人は、少なくありません。でも、もっと気軽に考えてもいいんじゃないかな、と。ひとつの夢や目標を見つけて、そこに向かってひたすらに走り続けるその途中で、新しい地図を見つけたら、また新しい目的地を目指して、走ればいい。

 

大切なのは、突き進むこと。走り続けること。ゴールに着くことではないと思うのです。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————