自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「いつが最高のタイミングだろう?」と考えた時点で、“行動することを放棄した”に等しい


僕は「今が最高のタイミングだ!」という瞬間は、「いつまでも来ない」と考えるようにしています。

 

たとえば、僕と同じように、これから動画メディアを立ち上げようとしている人がいるとします。そしてその人は真剣に、「いつが最高のタイミングだろう?」と考えているとします。

 

でも、そう考えてしまう人の多くは「最高のタイミング」を狙っているので、今の自分よりも“一歩先に進んでから”と考える。結果、「“もう少し”自分がスキルアップしてから…」「“もう少し”経験を積んでから…」「“もう少し”競合他社を分析してから…」「“もう少し”人脈を構築してから…」と考えて続けて、ずっと動けずじまいです…。なぜなら、常に「今の自分よりも一歩先に進んでから」と考えているから。「もう少し…」と考え続けて、気が付けば、取り返しのつかない年月が経っていたりする…。

 

「最高のタイミング」なんていつまでも来ないので、だから僕は「いつが最高のタイミングだろう?」と考えた時点で、“行動することを放棄した”に等しいと考えるようにしているのです。

 

大切なのは、いつ動くか? ではなく、今動くことを決めて、どう動くのがベストであるかを考えること。ほんの少しでも「もう少し…」という言葉が頭をよぎったら、僕は危険信号だと考えています。その瞬間から、そのチャレンジをする“自分の旬”は、どんどん過ぎているから。

 

そう、最高のタイミングはいつも「今」だと、僕は考えるようにしているのです。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————