自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ブログを続ける「基礎体力をつける方法」~ブログのための“キャンプイン”?~


おかげさまで、昨日の記事『ブログを4年間、毎日書き続けて手に入れたのは、「自分を信じる勇気」と「嫌われる勇気」と、そして…』は反響があり、たくさんの方に読んでいただくことができました。新しい読者も増え、新しい出会いにもつながりました。記事をシェアしていただいた皆さま、本当にありがとうございます。

 

そんな中でやっぱり、「ブログを続けたいけど、なかなか続かない…」という声をいただいたので、今日はブログを続けるための“基礎体力”を、どうやってつくっていくか? について、書いてみたいと思います。

 

キーワードは、「1ヶ月」と「10個」と「100文字」。

 

本題の前に、少しだけ話を脱線させますが…。

 

ご存知の方も多いと思いますが、プロ野球は毎年2月にキャンプインをして、1ヶ月間ほど暖かい土地でトレーニングを行い、選手たちは「1年間、戦い抜くための体」をつくっていきます。

 

ブログも、同じです。
“基礎体力”がなければ、1年間戦い抜くことはできません。だからオススメしたいのは、“ブログを本格的に書き始める前の1ヶ月”で行う「ブログのためのキャンプイン」です。

 

その1ヶ月間のトレーニングは、とてもシンプルです。
まずはノートを1冊、用意してください。そして、『1日10個、自分が「面白い!」と感じたことを書き留める』。そして、その10個の中からひとつ選び、『なぜ面白いと感じたのかを、100文字で書く』のです。

 

誰に発表するわけでもないので、自分が面白いと感じたことであれば、何でもOK! 今、この記事を書いている僕の目の前に、1本の木があるのですが、その葉っぱの形がとても面白い。その程度でOKです。大切なのは、自分が面白いと感じたモノやコトを、10個書くこと。もちろん、自分に嘘をついてはダメです。素直に面白いと感じたことを書くこと。

 

そして、その10個の中からひとつ選び、「どう面白いと感じたのか?」「この面白さを誰に伝えたいか?」など、何でもいいから、100文字程度書くこと。100文字でOKです。内容も何でもOK! 日本語がおかしくても、内容がつまらなくてもOKです。大切なのは、100文字という文量の文章を、1ヶ月間、毎日書くこと。

 

毎日「面白い!」と感じることを10個見つけて、その中のひとつについて、100文字の文章を書く。1ヶ月で「キャンプ」は終了。1ヶ月後には、ブログを1年間書き続けていくための基礎体力がついています。「そんなの、嘘だ!」と思うか、信じてやってみるかは、あなた次第です。

 

いきなりブログを書きはじめても、挫折してしまう人は多いと思うので、まずは1年間のペナントレースを戦い抜くためのキャンプをして、基礎体力をつけてみませんか?
僕も年末に、2019年を戦い抜くための、ブログのための「ひとりキャンプイン」を計画しています。「私も一緒にやりたい!」という人がいたら、ぜひ声をかけてください。そのときは、臨時コーチも招へいします。とても厳しいですけど…。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————