自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「上司と合わないストレス」を解消する方法


本を出版しました!

今振り返ってみると、僕はこれまでの人生で「上司」と呼んでいた人たちには、“結果的に、恵まれていた”と思います。

 

ただ、そう思えるようになったのは、その上司たちと出会ってから、10年くらい経った後のことです。今では感謝していることも多いのですが、正直、一緒に働いていた当時は、考え方や意見が合わないことへのストレスはもちろん、納得のいかないダメ出し、怒られ方をされたりして、憎しみという感情しか芽生えない時期もあり…。顔を見ることだけでも、ストレスや吐き気を感じることすらありました。

 

世の中にはきっと、「上司と合わない…」というストレスを抱えながら、日々仕事をしている人が多いと思います。そう、そんな人たちと同様に、僕も特に20代の頃は悶々とした気持ちを抱えたまま仕事をしていた時期がありました。繰り返しますが、「上司に恵まれていた」と思えるようになったのは、その上司たちと出会ってから10年後。少し大人になれてからでした。でも当時は、ストレス全開…。10年後にそんなふうに思えるようになるなんて、少しも想像をできませんでした…。

 

「当時、上司と合わないストレスを、どうやって解消していましたか?」

 

最近、そんな相談をされました。
万人に通用する方法ではないと思いますが、僕がその当時やっていたことを、ひとつだけ書いてみたいと思います。何かのヒントになれば…。

 

これはある人から教えてもらったことなのですが、その上司が「笑う瞬間」に注目してみるということをやっていました。
その瞬間がいつ来るのか? を知るだけで、合わない上司との距離の取り方、そしてそのストレスとの向き合い方が少しずつわかってくるよとアドバイスされ、実践してみたのですが、実際に上手に距離が取れるようになり、ストレスを軽減できるようになったのです。

 

無理に上司のいいところを見つけようとしたり、逆に上司を避けようとしても、ストレスは大きくなるばかり…。抱えてしまったストレスを解消しようとするほどに、ストレスも溜まる…。

 

そう、大切なのは、ストレスから目を逸らすことなのです。意識して、意識しないようにすること。僕はこんな方法でストレスから意識を逸らし、仕事に集中してきました。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————