自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「新しい“何か”」を、生み出せる人になろう


本を出版しました!

今日はまず、「大手企業をディスるわけではありません!」と前置きをさせていただき、本題に入ります。

 

大手企業に入社して、“たまたまその部署に配属され、たまたま会社から与えられた仕事”で結果を出したAさんと、中小企業(あるいは個人事業主)でまだ結果は出せていないけど、“新しい何か”を生み出し、結果を出すために日々積極的に行動しているBさん。そんなふたりがいるとします。どちらのほうが上か? と、両者の優劣をつけたいわけではありません。そもそも、優劣をつけることすらもできませんし…。

 

しかし、です。ここからが本題。
日々世の中に対して新しいビジネスを仕掛けている経営者やリーダー、プロデューサーやインフルエンサーのような方が、AさんよりもBさんを高く評価して、興味を持つことが多いのは事実。その理由はとてもシンプルで、“新しい何か”を生み出した経験と情熱を持っている人は、タフさも、発想力も、スピードも、変化する柔軟性なども持ち合わせていて、少数派の貴重な人材だからです。そう、大化けする可能性がある。だから、結果を出しているAさんより、“結果を出していない”Bさんに“次の”チャンスを回そうと考える人が多い。

 

そのくらい「新しい“何か”」を生み出すことは、可能性を感じさせるものなのです(言うまでもありませんが、何を生み出したかは、当然重要です…)。

 

フォローするわけではなく、結果を出したAさんも、すごいのです。わかりやすく、Aさんを大手企業の社員と例に出させていただきましたが、大手であれば、動くお金もビジネスを仕掛けていくマーケットも大きいので、結果を出すことは難しい。いろいろと制限もありますから…。

 

だとしても、まだ結果が出てなくても“新しい何か”を生み出す人を評価し、興味を持ち、チャンスを与えてくれる人が一定数いる。いや、結構いる。そこに、僕らのような“立派な看板を持たない”者の、生き残るためのヒントがあるのです。

今日はちょっと、そんなことを書いてみたくなった1日だったのです。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————