自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

判断力と思考力が下がっている人は、情報を遮断しよう!


本を出版しました!

「なかなか決められない…」
「考えがまとまらない…」
日々慌ただしく仕事をしていると、「判断力や思考力が落ちてきているなぁ…」と実感するときって、ないでしょうか?

 

僕が今読んでいる禅の本にも書いてあったのですが、脳や思考がごちゃごちゃになって整理できていない状況の中で、情報が次から次へと入ってくると、判断力と思考力が下がってくるものです。

 

今は本当に意識をしていないと、情報の質、自分にとって必要か不要かを問わず、次から次へと入ってくる時代です。日々インプットの量を意識しながら過ごしている人は特に、逆に意識をして止めないと、半端ない情報量が入ってくる…。僕の場合、「判断力や思考力が落ちているなぁ…」と実感するときはいつも、脳の中に情報を止めどなく注がれている感覚になっていたりします。

 

そう、「インプットすることの意欲が高い人ほど、判断力と思考力が下がってしまうことがある」のです。だから、判断力と思考力が下がっているときは、情報を意識的に遮断しなければならないのです。

 

僕が恵まれているのは、月に1~2回、撮影や取材で地方に行けることです。
地方に行っているときはのんびりと過ごしているように見られるのですが、実は東京で働いているときよりも、スケジュールは過密です。特に撮影や取材のときは、スマホやパソコンを見る時間すらも強制的に削られるので、情報が遮断できる。結果、地方から戻ってきたときは、頭の中がクリアになっているのです。

 

判断力と思考力が下がってきている人は、まずは一旦、情報を遮断してみること。言うは易し。これが結構、難しい。でも、とても大事なことです。


スマホをやめたら生まれ変わった
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————