自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「日本一適当なパン教室」が教えてくれること


本を出版しました!

「日本一適当なパン教室」って、ご存知でしょうか?
Backe晶子さんという方が主宰しているパン教室で、「難しいパンづくりを、もっと身近にしたい!」と、従来のパンづくりの半分ほどの工程でつくれる独自レシピを教えているそうで、簡単で失敗が少ないだけでなく、とてもおいしいのだそうです。僕も全然知らなかったのですが、レシピ本は累計125万部も売れているとか…。すごいですね。

 

この教室はBacke晶子さんが「皆さん、完璧にやることに真面目。もう少し気を抜いていいし、気楽でいい」とおっしゃっているように、おいしいパンづくりを教えているというよりは、楽しく生きるための考え方、コツを教えているように感じます。

 

「気を抜いていいし、気楽でいい」と誰かに言われても、なかなかできるものではありません。
そう、大切なのは、実体験。
実際に気を抜いて、気楽に何かをやってみるという経験をして、そこでの楽しさを実感しててはじめて、「気を抜いていいんだ、気楽でいいんだ」と思えるものです。誰かに言ってもらっただけでは、なかなか自分を変えることはできません。

 

だから、「日本一適当なパン教室」は、ひとりひとりの人生に、たくさんのきっかけと行動力を与えてあげられる、とても貴重なコミュニティだな、と。そんなふうに思いました。

 

ブログなんかでも、稼ぎ方とか、テーマの見つけ方とか、そんなテクニックを教えるところは多いのですが、ブログを通して、気を抜いて、気楽に、楽しみながら続けることを実体験する場があってもいい。ブログを続けることで人生は結構楽しくなることが多いし、ブログを続けなくても、他のことにもつながる経験になりますから。

誰か「日本一適当な“ブログ”教室」を主宰してください。


日本一簡単に家で焼ける かわいいパンレシピ
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————