自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「ライバル不在」の中で、モチベーションを上げるのは難しい


本を出版しました!

今、ある仕事の企画書を作成しているのですが、いつものようにモチベーションを上げられずにいます。どう頑張っても、上げられない…。

 

なぜ上げられないか?
実はその理由、自分でもわかっています。

 

少し抽象的な書き方になってしまいますが…。
今進めている仕事には、いつも複数のライバルがいて、もっとも優れたアイデアを出して勝たなければ仕事にならない。だから、売上げを上げるためにも気合いが入るし、負けなくないとプライドも刺激される。それがエネルギーとなって、頭も回転しはじめるし、集中力も高まる。でも今回は、ライバルが不在なのです…。

 

だからと言って、100%仕事がもらえる保証をされているわけでもなく、手を抜こうという気もさらさらないのですが、心のコントロールはなかなか難しく、エンジンのかかりが悪い。そう考えると、やっぱりライバルの存在って、本当に大事だなぁと思うのです。ライバルに負けないぞ! と、とことん自分を追い詰めて、アイデアを考える原動力にもなるし、そこから生まれるアイデアが、結果的に提案される相手をハッピーにするわけですから。

 

メンターと呼べる人や、憧れの人、尊敬する人、目標とする人はいても、意外にライバルが不在な人って、意外に多いような気がします。
もちろん、そういう人の存在は不可欠ですが、それと同じくらいに、ライバルと呼べる存在も不可欠です。そう、ライバルは自分の行動力、集中力を上げてくれる燃料なのです。
自分の行動力、集中力を上げてくれる存在、今、自分の心の中にいますか?
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————