自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

自分の強み、他人の評価を知る方法


本を出版しました!

自分の強みは何か?

他人からどこを評価されているのか?

今、何を求められているのか?

 

今後、どのような道を進むべきかを迷っていたり、どんな努力していくべきかを日々考えている人なら、そんなことを知りたいはずです。

 

だったら、聞いてしまいましょう。

自分が心から信頼できる人を「5人」選び、こんな質問をしてみてください。

 

「私の仕事の中で、今までで一番、評価をしてくれている仕事は何ですか?」

 

できれば、同じ会社の人と、違う会社の人など、関係性が違う人がベストです。目上の上司や先輩と、後輩などでも問題ありません。もちろん、自分の仕事をよく知っている人であり、真剣に答えてくれる人であるのは最低条件です。「評価される仕事なんてしてねぇだろ!」なんて言ってしまう人を選ばないように…。

 

これ、他人に聞いたことがない人は、結構多いのではないでしょうか。

自分の中には「この仕事だ!」という答えがあっても、他人から見ると、まったく違う仕事だったりします。「何でその仕事?」と思っても、理由を聞いてみるとハッとさせられたりすることもある。「こんなところを評価してくれていたのか」と。この自分自身の評価と、他人の評価とのギャップの中に、次につながる大きなヒントがあります。

 

これは、ただ次につながるヒントを知るだけでなく、ちょっとしたおまけもついてきます。

自分がどんな仕事を評価されているかを知ると、その仕事に関わってくれた人たちに改めて感謝することができます。もちろん、自分のことをしっかりと見ていてくれているその5人にも、感謝できます。

 

そんなおまけもあるので、ぜひ1度、聞いてみてはいかがでしょうか。

 

編集長をやっています。 

follow us in feedly