自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「ひと言でまとめる」その前に…


本を出版しました!

文章でも会話でも、できるだけ「短く」「シンプルに」伝えることを意識したほうがいい! とよく言われます。本屋に行くと、そういったテーマの書籍もよく見かけます。

 

私も、この考えは賛成です。

それをしっかりと意識していると、企画を考える力、思考を整理する力が身につきますし、人とのコミュニケーションも円滑になるからです。プレゼンも上手になります。

 

しかし、「短く」「シンプルに」伝えること“だけ”にフォーカスをあててしまい、伝えることの内容が薄っぺらくなってしまっては本末転倒です。忘れてはならないのは、しっかりと内容のある濃い情報を、短く、シンプルに伝えることです。言うは易し、ですが…。

 

伝える内容が薄っぺらくならないためにも、短く、シンプルにまとめる前に、やってみてほしいことがあります。それは「自分をオンリーワンに近づける」こと。

 

どういうことか?

 

例えば、ブロガーは数多くいます。

でも、毎日更新しているブロガーとなると、数は絞られます。さらに、毎日更新している“料理”ブロガーとなると、ますます数が絞られます。さらにさらに、毎日更新している“写真が上手な”料理ブロガーとなると…。

キリがありませんが、さらに続けると…毎日更新している、写真が上手な北海道在住の料理ブロガーはもっと少数派で、毎日更新している写真が上手な北海道在住の、語学留学の経験が料理ブロガーとなると、本当に少数になります。

*誰かを特定して書いているわけではありません。偶然当てはまる人がいたらごめんなさい…。

 

というように、今の自分にスキルや個性、経験となる部分を探して、ひとつずつ足していく。「ここまで言える人は、なかなかいないでしょ」と思えるくらいまで。意外にイケるものです。もし、現時点でそこまで思うことができないときは、どんなスキルを身に付ければ、この先にどんな経験をすれば、オンリーワンに近づけるのかを考えてみるだけでも面白いものです。

 

要素を積み上げることができれば、あとは「短く」「シンプルに」まとめて、伝えるだけ。

自分のことを売り込む。自社をブランディングする。商品やサービスの魅力を伝える。ビジネスでもプライベートでも、何も考えずにただ短く、シンプルに伝えるのと、こうやって積み上げてみたものを、短く、シンプルにまとめて伝えるのとでは、天と地の差があります。

それができるようになると、どうなるか。

 

ファンが増えてきます。

 

編集長をやっています。 

follow us in feedly