自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

メンタル

「憧れている人」の存在を、周囲の反応を気にせず、素直に言えますか?

「あの人はかっこいいな…」「あの人のようになりたいな…」 同性異性を問わず、年齢の上や下を問わず、そんなふうに(恋愛感情ではなく、仕事や生き方という視点で)思っている憧れの人はいますか? きっと、ひとりやふたりはいるのではないでしょうか。 そん…

自分の“弱さ”や“甘さ”を捨てたい人は、まずは「自分との約束」を守ってみよう

「自分の弱さや甘さを捨てたい…」「自己肯定感を高めたい…」 そんなふうに考えている人は少なくないと思います。でも、「どうやればいいの?」と悩んで、googleでいろいろと検索してみたものの、「これだ!」という答えが見つからない…。この記事を読んでい…

「5分間やること」を見つけた人が、“やる気”を制する

「なかなか作業(仕事や勉強)がはじめられない…。やる気が出ない…」と悩んでいる人に対して、「何よりもまず、はじめてみることが大事!」と、一見矛盾に聞こえてしまうようなアドバイスをする人がいます。 でも、知っている方も多いと思いますが、これは正…

自信がない人に贈る、とてもシンプルな「自信を持つ方法」

自信、ありますか?自信、持っていますか? 「自信」という言葉を辞書で調べてみると、「“自”分の能力や価値などを“信”じること」「“自”分の考え方や行動が正しいと“信”じて疑わないこと」とあります。 でも、字で書いてみるとシンプルでも、その「自信」を…

「無事これ名馬」は、ビジネスで結果を出すための“不可欠な要素”である

イチローのすごさを語るとき、メジャーリーグで前人未到の10年連続200安打がフォーカスされることが多かったりしますが、それはどちらかというと、「200安打」について語られる場合がほとんどです。 しかし、日本を代表するプロ野球選手たちの多くは、「200…

忙しいあなたが明日、「丁寧に」を心がけるべきこと

今、弱音を吐きたくなるくらいに、猛烈に忙しい日々が続いています…。誰でも人生で、100回くらいは聞いたことがあると思いますが、「忙しい」という字は「心を亡くす」と書きます。面白い仕事が次から次へと来る反面、地方出張も重なっていることもあり、僕…

「3勝0敗の人」と「3勝10敗の人」、どちらが勝者か?

僕は定期的に、「ソウルミーティング」と自分で勝手に名付けた会を実施しています。ちなみに「ソウル」という言葉の意味をコトバンクで調べてみると、『元来「魂」に由来することばであるが、ジャズの演奏において、技巧よりも、その魂に回帰しようとする様…

休み明けに「逃げたい…」「もう疲れた…」と、つらい思いをしている人へ

早ければ、明日から仕事がはじまる人もいると思います。長期休暇が明けるタイミングで(あるいは日々仕事をしている中でも)人間関係が上手くいかなかったり、仕事で成果が出せていないことで、「仕事に行きたくない…」「逃げたい…」「もう疲れた…」と思って…

「ツァイガルニック効果」を、活用してみよう!

こんなクイズを出されました。 シンデレラの話。王子様はなぜ、ガラスの靴を落としていったシンデレラを、必死で探したのか?「シンデレラが美人だった」「好みのタイプだった」以外で、その理由を考えてみてください。 その答えが「ツァイガルニック効果」…

「批判」「反対意見」「アンチ」の中に、自分への共感者は生まれる

適当に書いた記事…と書くと、あまりイメージがよくないと思うのですが、サクッと書いた以下の記事が、このブログの1ヶ月分以上のPV数を稼いでくれました。いわゆる、(プチ)バズです。 以前、これらの記事を書いたときもそうだったのですが…。 批判や反対意…

「休息をとる」に、+1000円投資をしよう

決して忙しさ自慢をするわけではないのですが、19日からの関西撮影ツアーを皮切りに、一旦東京に戻ってはきましたが、26日から昨日までは石川県撮影ツアーで、打ち合わせのために一瞬東京に戻り、今日からまた盛岡、明日から秋田県鹿角市→大館市→青森県八戸…

弱い自分の、ブレない軸をつくってくれた「道標」

人は、弱いものです。夢に向かって全力で生きたくても、心が折れてしまいそうなときはあるし、かっこよく生きたくても、「どうせ俺なんて…」と、開き直ってしまいたいときもある。 でも…。やっぱり、人生は1度きり。「もっと、やりたいことをやって、生きれ…

「情熱」と「覚悟」の境界線

「ぼくらは位置について 横一列でスタートをきった」スガシカオさんの『Progress』という歌の歌詞です。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌でも知られています。 そう、個人にも企業にも、自分が望む、望まないにかかわらず、必ずいつも競争相…

元気がないと言われる人は、声の「音量ボリューム」を上げてみよう

僕が日々仕事をしている中で、「もったいないなー」「損をしているなー」と感じる人の共通点のひとつに、「元気がない」と思われてしまうということがあります。 元気がないように見えてしまうと、周囲の人は「何か不安があるのかな?」「やる気がないのかな…

有給を使ってでも、その「面白そう!」に飛びつけるか?

今週の月曜日から来週の月曜日まで、週末は少し休ませていただけそうですが、6日間で8現場の撮影(しかも、すべて別案件!)をこなさなければならないスケジュールで動いています。 僕らは映像の制作会社としては規模も小さいのですが、その分、小回りや融通…

ブログを続ける「基礎体力をつける方法」~ブログのための“キャンプイン”?~

おかげさまで、昨日の記事『ブログを4年間、毎日書き続けて手に入れたのは、「自分を信じる勇気」と「嫌われる勇気」と、そして…』は反響があり、たくさんの方に読んでいただくことができました。新しい読者も増え、新しい出会いにもつながりました。記事を…

新人よりも、“新人”であれ

「とにかく、あいつを見ておけ!」 これは、ある企業の話です。「私は誰を見て、学べばいいでしょうか?」と聞いてきた新入社員に対して、その企業の経営者は「あいつ=20代中盤の社員」を名指しして、「とにかく、しっかりと見ておけ! あいつを見ておけば…

“負の感情”に押しつぶされそうなとき、僕はいつも、“ある”フレーズを唱える

負の感情に、押しつぶされそうなときがあります。メンタルが強そうに見られることが多いのですが、やっぱり人間ですから、やられてしまいそうなときがある。 一応、会社の経営層というポジションにいるので、時に会社に向けられる“負の感情”とも向き合わなけ…

「上司と合わないストレス」を解消する方法

今振り返ってみると、僕はこれまでの人生で「上司」と呼んでいた人たちには、“結果的に、恵まれていた”と思います。 ただ、そう思えるようになったのは、その上司たちと出会ってから、10年くらい経った後のことです。今では感謝していることも多いのですが、…

判断力と思考力が下がっている人は、情報を遮断しよう!

「なかなか決められない…」「考えがまとまらない…」日々慌ただしく仕事をしていると、「判断力や思考力が落ちてきているなぁ…」と実感するときって、ないでしょうか? 僕が今読んでいる禅の本にも書いてあったのですが、脳や思考がごちゃごちゃになって整理…

素直になれない自分の、殻を破る方法

この1~2週間の間に、ふたりの人から立て続けに、こんな“告白”をされました。 「大牧さんに、認めてもらいたいんです」「大牧さんに、嫉妬していました」 先に書いておくと、決して僕がすごいとか、みんなの憧れの存在であるとか、そういう自慢話を書きたい…

「チャンスを自ら逃した…」と、後悔したときにやるべきこと

「チャンスを自ら逃した」このブログのオーガニック検索(google等での検索)数を調べてみたところ、「チャンスを自ら逃した」という検索ワードでの流入が多いということがわかりました。 「逃さないために」ではなく、「逃した」と検索したということは、き…

人間ができている人は、「ムカつく人を、ご機嫌にするゲーム」がお好き?

突然ですが、質問です。食べログか何かで見つけた、ユーザーレビューの評価が高いお店。ウキウキしながら足を運んだものの、店に入った瞬間から、店員の“感じ”が悪い…。ウキウキしていた分だけ、がっかり感が半端ない…。 そんなとき、あなたはどうしますか?…

「ふたつの顔」を持つ人になろう

今日、あるクリエイターさんとランチを食べながら雑談をしていたとき、自分で自分の話をしていて、なかなか面白いネタだなぁと思ったことがあったので、ちょっと書いてみたいと思います。 どんな話だったかというと、『ニッポン手仕事図鑑』の編集長の自分と…

「花が咲かないときは、根を伸ばせ」は、スーパースターこそ、意識している

「花が咲かないときは、根を伸ばせ」ある記事で読んだのですが、サッカーの中村俊輔選手は、この言葉が好きだそうです。調べてみると、表現は少し違いますが、シドニーオリンピックの女子マラソンの金メダリスト 高橋尚子さんも「何も咲かない寒い日は、下へ…

「上司を選ぶ」勇気を持とう

上司は選べるものだと思いますか?それとも、選べないものだと思いますか? ブロガーのイケダハヤトさんが以前、尊敬できない上司の下で働くと、人生が狂うし、愚痴っぽくもなるし、学ぶ意欲さえも減退して、最悪はうつ病になるみたいなことをツイートされて…

心が折れそうなときは、情熱大陸に出演する!?

今の自分のスケジュールや業務量を知っている親しい人から、「今、なかなかキツい状況だと思うんだけど、心が折れそうなときって、ないの?」と、そんなことを聞かれました。 もちろん、あるに決まっていますが、そんな状況を乗り切るための対処方法をいくつ…

ストレスの多い40代は、「お腹のマッサージ」をしてみよう

「お腹も、凝る(こる)んですよ」 毎週のように地方出張に行く日々が数ヶ月間続き、疲労の蓄積だけでなく、首の状態が悪くなり、仕事のパフォーマンスにも影響が出てきているので、周囲の方がオススメしてくれた「整体」に行ってきました。 そのときに整体…

なぜ、学歴コンプレックスを持っていた編集長は、希望の企業の内定を勝ち取れたのか?

具体的な企業名は伏せますが、大学4年生で就活中だった『ふたりごと文庫』の編集長が、無事に内定を勝ち取りました。 実は、その企業を薦めたのは、僕でした。とあるイベントに一緒に参加をしたとき、その企業の方がとても興味深い話をされていて、これから…

地方で活躍されている3人の女性はなぜ、人に愛されるのか?

最近、確率変動中です。何の確率が高確率に変動しているかというと、ある人とお会いをしたら、あの人も、この人も、と、次から次へと人をつないでもらえる確率が急上昇しているのです。 なぜ、確変が起こせたかというと、ある人たちを真似したから、です。 …