自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

自分の生き方を貫き通す方法


本を出版しました!

「大事なのは、やっぱりそこだよなぁ」と、最近強く実感していることを、今日は書いてみたいと思います。

 

先日ツイッターのタイムラインに、「自分の生き方を通すには、何が何でも目に見えるものを見せつけなければならない」という言葉が流れてきました。これ、サッカー選手の松井大輔さんの言葉だそうです。

 

最近は特に意識をして、この人は素敵な生き方をしているなぁ、生きているなぁと、個人的に思っている人の行動、言動を観察していたりするのですが、その人たちは例外なく、表現する言葉は違っても、「自分の生き方を通すためには、周囲を納得させるものは必要だ!」と語っています。そう、説得力になる成果や実績に、強く、本当に強くこだわっている。

 

「好きなことで生きていく」
「好きなことを仕事にする」

 

そんな言葉を本当によく耳にするようになりました。とても素晴らしいことだと思いますし、わたし個人もできることなら、好きなことを仕事にして、好きなことで生きていきたいと本気で思っています。

 

ただ、そんな夢をただ語っているだけでは、「何を子どもみたいなことを言ってるの…」と言われたり、ただのワガママに聞こえるだけだったりする。それを貫き通すためには、目に見える“何か”を、周囲に見せつけなければならないのです。

 

ただいま、秋田県鹿角市。
これから自分の生き方を通している人たちと会い、語り合ってこようと思います。たっぷりと刺激を受けて、目に見える“何か”を掴みにいくためのエネルギーをチャージしてもらい、明日からまた気合いを入れ直そうかな、と。

f:id:igooke:20180214180743p:plain
されど寄り道 http://www.yorimichi.life/