自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「行動力が落ちている」「思考が停止している」ときの特効薬


本を出版しました!

「◯◯さんだったら、どうする?」

 

企画を考えなければならないのに、何も思い浮かばない…。
そんなときの特効薬として、尊敬する◯◯さん、憧れの△△さんを思い浮かべて、「こんなとき、あの人だったら、どんなふうに考えるだろう?」と考えてみて! と、よくアドバイスをしています。そうすることで冷静にもなれて、止まっていた脳みそも動き出し、物事も客観的に判断もできるようになる。そんなひとつの方法論を、今まで後輩たちに教えてきました。このブログでも何度か書いてきたことです。

 

そう、「もしも、~だったら?」の問いかけは、さまざまなシーンで活用できる考え方なのです。

 

で、今日の本題。
「行動力が落ちている」「思考が停止している」と怒られている人が多いようなので、そんなときの特効薬を書いてみたいと思います。

 

「もしも、あなたを守ってくれる人がいなくなったら?」

 

たとえば、身近な上司や先輩、あるいはチーム内のキーマン。
いつも自分を引っ張ってくれたり、守ってくれる人が“急にいなくなったら”と考えてみるのです。指示を与えてくれる人がいない。でも、何かを生産し、利益を上げていかなければ、給料はもらえない…。

 

さあ、どうする?

 

ぼんやりとでも、やるべきことが見えてきませんか?
誰かに守られたり、指示をされることが当たり前になってしまうと、気付かないうちに思考停止状態になり、指示がないと動けない受け身人間になってしまう…。当然、行動力はどんどん低下していくし、いつしか誰からも必要とされなくなる。そんなに悲しいことはありません。

 

だからこそ、自分がリーダーやキーマンになったつもりで動く。
とても大切なことです。

新しい記事を更新しました!

f:id:igooke:20180214180743p:plain
されど寄り道 http://www.yorimichi.life/
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————