自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「できない」と思った時点で、負け


本を出版しました!

20歳くらいのときに、心に決めたことがひとつあります。

 

「『できない』と思った時点で、負け」

 

小さな頃から野球ばかりやっていて、まともに勉強もせず、成績も悪かったので、突然「文章を書く仕事に就く!」と宣言した時点で、それはもう、たくさんの人に反対されました。親にも反対されましたし(まあ、苦労をしてほしくないという親心だと思いますが…)、周囲の友だちや先輩、大人たちからも「まあ、やめておいたほうがいいよ…」「無理だよ、きっと…」「そんな夢、叶わないよ…」と言われてきました。

 

あまりに何度も言われたので、だから思ったのです。
「他人にいろいろと言われて、『できない』と思った時点で、俺の負けなんだ」と。そう、完全に意地になったわけです。でも、それでよかった。

f:id:igooke:20170619230635j:plain

雑誌の「東京カレンダー」の連載を持たせてもらったのは、確か25歳の頃。
この本が書店やコンビニに並び、自分の名前が雑誌に載ったとき、「まあ、やめておいたほうがいいよ…」「無理だよ、きっと…」「そんな夢、叶わないよ…」と言ってきた人たちは一斉に黙りました。

 

諦めないといけない夢もあるかもしれませんが、諦めるのは、全力で挑戦したあとでいいと思うのです。間違ってはいけないのは、周囲の声で判断をしないこと。その夢が叶うのかどうかなんて、誰にもわからないのです。

 

だから、どんな仕事や目標を前にしても、まずは自分自身に言い聞かせるのです。
「『できない』と思った時点で、負け」だと。


夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

新しい記事を更新しました!

f:id:igooke:20180214180743p:plain
されど寄り道 http://www.yorimichi.life/
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————