自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

誇りたいのは、技術ではなく、関係性づくり


本を出版しました!

もう間もなく「ニッポン手仕事図鑑」で、曲げわっぱ職人の映像が公開されます(来週あたりに公開される予定ですので、ぜひ楽しみにお待ちください!)。

 

その完成間近の映像を観ていて思ったこと。

 

自分たちの最大の強みは“やっぱり”、技術ではなく、被写体との関係性づくり=コミュニケーション力なんだな、と。

 

実は最近、撮影や編集の技術よりも、この「被写体との関係性づくり」を周囲の皆さんに評価をしていただくことが本当に多い。もちろん、撮影や編集の技術、映像のクオリティも評価してくれているとは思いますが、その技術よりも関係性づくりを評価してくれる理由が、曲げわっぱ職人の映像を観ていてわかりました。

 

曲げわっぱ職人さんの映像、手前味噌な話ですが、自分たちと職人さんとの距離感がとてもよいのです。心地よい距離感、被写体と作り手の関係性がちゃんと伝わってくる。

 

そう、技術だけでなく、いや技術以上に誇れる「強み」を、自分たちのメンバーは持っているんだな、と。ここをもっともっと一緒に高めていきたいなと心から思いました。

 

で、前フリみたいになりましたが、最近制作した映像で、多くの関係者から「被写体との関係性づくり」を評価された映像を紹介してみます。お時間がある方はぜひご覧ください。出演されている方は、すべて現地で暮らす方です。

[農林水産省 「農村は、ひとりじゃない。」]



[農林水産省 「農村は、あたたかい。」]



[農林水産省 「農村は、『〇〇』なんだ!」]



新しい記事を更新しました!

f:id:igooke:20180214180743p:plain
されど寄り道 http://www.yorimichi.life/
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————