自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ライバルたちはもう、動き出している


本を出版しました!

わたしが勝手にライバルだと思っている人、来年は活躍するんじゃないかと注目している人は、もうすでに、来年に向けて動き出しています。
むしろ、みんなが休んでいる間に、年明け早々にスタートダッシュが切れるように、ストイックに準備をしている。そう、「みんな、年末年始はゆっくり休んでいてね。その間に、もっと差を付けておくから」と言わんばかりに…。

 

年末年始の過ごし方は、人それぞれ。正解もなければ、価値観の違いもあるので、押し付けるべきでもありません。
ただ、覚えておかなければならないのは、世の中で生き残り、家族や大切な人を守っていくことに強い責任感を持っている人、とことん楽しい仕事をすることに貪欲な人、チャンスを掴むことに妥協しない人、何かを成し遂げることに本気な人は、年末年始も“攻めている”ということ。周囲に認められる人たちは、世の中の大半の人と「思考」と「行動」が違うからこそ、周囲に認められる人になれるのです。

 

ライバルたちは、年末年始も動いている。そのライバルたちとの差を縮められるか? あるいは差を広げられてしまうか…。

 

「俺なんてどうせ…」と言い訳をするような人生にはしたくないし、妥協をする生き方もしたくない。かっこよく楽しく生きたいし、何かを成し遂げて死んでいきたい! と、自分と同じように考えているライバルたちは、自分以上に高い温度で年末年始を過ごしている。そんなアクティブな姿を見ていると、自分はまだまだだなぁと。こんなんじゃ、言い訳と妥協をする人生になってしまうな、と…。

 

今日は夕方からの打ち合わせで、本当の仕事納め。
この2日間は仕事をしつつも、心と体のメンテナンスを徹底的にしたので(今日は健康診断で胃カメラも飲んできましたが、パーフェクトな数値でした!)、明日からは来年に向けて、アクティブに動いていきます。

 

最後に備忘録。
来年は心と体のメンテナンスについて書いてみたい。