自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

来年の「自分予算」を決めてみよう!


本を出版しました!

企業には、「予算」というものがあります。
もちろん企業だけでなく、わたしたちが普段一緒にお仕事をさせていただく地方自治体も、町をよくしていくために、何にどのくらいの予算をかけるべきかを日々一生懸命考えています。計画は予定であり、変更することもありますが、しっかりと来年のことを考えて予算を組んでおくことは大事なことです。

 

これ、個人も同じだと思うのです。

 

自分の未来をつくっていくために、来年の予算を考えておく。
自分への投資にどのくらいの金額を割けるのか? 月々のお小遣いからどのくらいの金額を使えるのか? 来年の「自分予算」を決めておくと、自分への投資に躊躇しなくなりますし、意味のない飲み会などもスパッと断ることもできるようになります(意味のある飲み会には、積極的に参加するべきです!)。

 

勉強会やセミナーに参加をしてもいいし、講師を招いて、自分で勉強会を主催してみてもいい。「新しいWEBサービスを立ち上げたいけど、自分では難しい…」という人は、誰かにお金を払って、依頼をしてみてもいい。行きたい場所へ行くための旅費を確保しておくのもアリです。今、自分の未来のために投資すべきことは、本気で考えてみると、意外にたくさんあったりします。

 

でも、お金には限りがある。
だからこそ、今のうちに来年の「自分予算」を決めておくのです。そうすることで、行動のスピードは加速し、掴めるチャンスも大きくなる。
さあ、さっそく来年に向けて、“ひとり予算編成会議”を開催してみましょう。

———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
———————————————————