自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「お試し移住」を活用した、ひとり合宿のススメ


9月23日、本を出版しました!

「お試し移住」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
移住促進を強化している全国の地方自治体が実施しているもので、その町での暮らしや仕事を体験してもらうためのプログラムです。「お試し移住」と検索してみるとわかりますが、全国のさまざまな自治体が実施しています。

 

このプログラムを利用して、ぜひやってみることをオススメしたいのが、「ひとり合宿」です。

 

尊敬する松浦弥太郎さんも著書の中で、「誰にも会わず、丸1日、自分と一対一で向き合い、今本当に大事なことは何か? 未来に向かって、今何をしていくか? を考える時間を持つことが本当に大切だ」とおっしゃっていますが、まさにこの時間を持つための合宿です。

 

私は基本的には「ワン・シング」の考え方で仕事をしているのですが、仕事が多忙になったり、将来に不安を感じたりすると、「あれもこれも」となってしまい、行動がブレたり、迷いが出てしまったりします…。その結果、目指すゴールもいつの間にかぼやけてしまう。「あれっ、結局なにがやりたいんだっけ? どこに向かっているんだっけ?」と。

 

そんな自分自身の頭の中と心を整理し、自分の軸を取り戻す時間が「ひとり合宿」です。今年は「ときどきナガノ」に選ばれたので、長野県のどこかで「ひとり合宿」をやってみたいと考えています。

  • 目指すべき目標やゴールは、しっかりと見えているか?
  • 自分が憧れている人たちは、今どんな行動をしているか?
  • ニッポン手仕事図鑑を今後、どのように発展させていくか?
  • このブログを有効なツールにするために必要なことは何か?


そんなことを、ひとりでじっくりと考えてみるつもりです。

 

「ひとり合宿」は、仕事や人生を楽しむために、惰性で生きていかないために、とても大事な時間です。ただ、その大切な時間を、自分がいつも生活をしている場所で確保するのは難しい。だから、お試し移住を上手く使って、行ったことのない非日常的な場所でやってみるのです。もしかするとその場所が、この先の人生の重要な拠点になるかもしれません。

ちなみにお試し移住は、ニッポン手仕事図鑑でもお世話になっている「地方創生プロジェクト」でも探せます。よろしければ、ぜひ!



—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。

—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑