自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

リーダーの条件とは、「歯向かってくる奴ら」を誇りに思えるかどうか


9月23日、本を出版しました!

今、自分がありがたいなぁと心から思うのは、一緒に働く仲間に恵まれていることです。きれいごとでもなく、かっこつけるわけでもなく、自分の実績の7割くらいは、彼らにつくってもらっているという自覚があります。

 

「監督のポジションをやらせてほしい!」という映像のカラーリスト。
「自分の作品で、世の中をアッと言わせたい!」というビデオグラファー。
「自分が生きてきた足跡を残していきたい!」というプロダクトデザイナー。
「とにかく世界中の人たちを喜ばせたい!」というバイヤー。

 

この4人の仲間に共通して言えるのは、どんなことがあっても、自分の仕事に対する誇りを失わず、最後まで責任を持って必ずやり切ること。だからこそ、心から信頼できるし、心強くも感じるし、仲間でいてくれることを本当にありがたいと思える。

 

そして、もうひとつ共通点を挙げるとすれば、彼らは「めちゃくちゃ歯向かってくる」。上司だろうと、年上だろうと関係ない。自分のポリシーや意地、仕事に誇りと覚悟を持っているからこそ、自分の考えや方向性と違うときは、全力で歯向かってくる。

 

もう誰だったかも忘れてしまいましたが、ずっと昔、こんなことを言われたことがあります。

 

「リーダーの条件とは、歯向かってくる奴らを誇りに思えるかどうか」
自分に反発してくる人間を、面倒な奴だと避けることなく、どこまで信頼できるか。そして、そんな奴らを絶対的に信頼して、ポテンシャルを最大限に引き出してあげることができるか。本当の意味でリーダーと呼べるのは、そういう人だ、と。

 

本当にそのとおり。
今は一応、リーダーという立場にいますが、まだまだ本当の意味でのリーダーにはほど遠い…。歯向かってくる奴らを信頼はしていますが、ポテンシャルを最大限には引き出してあげられていない…。これからのとても大事なテーマです。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。

—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑