自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「仕事に行きたくない…」と悩む人に、1歩踏み出してみてほしいこと


9月23日、本を出版しました!

「仕事に行きたくない…」

悲しいことに、そう思いながら毎日オフィスに足を向けている人は少なくないようです。その深刻度も人それぞれで、ちょっと憂鬱…というレベルのものから、吐き気や腹痛が止まらなくなるくらいのものまで、「行きたくない…」というレベルも、そうなった理由もひとりひとり違います。

 

だからこそ、「そんなのは、甘えだ! 気合いが足りない!」というつもりはまったくありません。ただ、「すぐに逃げるべき!」と、無責任なことも言うつもりもなく…。某広告代理店の件があってから、どうしても話が極端になるケースがありますが、それもちょっと違うかな、と。ひとりひとり年齢や職場環境も違えば、体と心の精神的な疲労度も違う。当然、選択するべき次の行動も違うわけです。辞めるもよし。続けるもよし。周りの人に助けてもらいながらも、最後に決めるのは、自分です。

 

「でも、その選択ができないし、どうしたらいいかわからないし、相談できる人もいなくて…」

 

そんな人はどうすればいいか?

 

私は、“もうひとつ”のコミュニティに入ることをオススメします。
副業が許される環境であれば、アルバイトをしてもいいし、それがダメならボランティアに参加してもいい。スクールに通ってみたり、サークルに入ってみたり。とにかく会社とは別のコミュニティに入ってみるのです。

 

そうすると、自分とはまったく違う世界を生きている、いろいろな人たちの生き方や価値観が見えてくる。それを見続けることで、自分が取るべき次の選択肢が見えてきたりしますし、相談できる人も見つかるかもしれない。その結果、「もうちょっと、仕事を続けてみよう」「ここで一旦、会社を辞めよう」と、心の中に自然と答えが浮かんでくるのです。そう、頭で(理性や世間体、未来への不安などを)考えるのではなく、答えが自然と心の中に“浮かんでくる”という感覚が大事だと思うのです。

 

「仕事に行きたくない…」と悩む人には、ちょっと勇気が必要だと思いますが、ぜひ“もうひとつ”のコミュニティに飛び込んでいってみてほしいと思います。
最後にひとつ言えるのは、もうひとつのコミュニティに入ることすらできないくらいに、「時間がない…」「とにかく休みたい…」という人は、たぶん一旦リセットしたほうがいいです。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。

—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑