自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

万年筆が教えてくれた、心と体のお手入れ方法


9月23日、本を出版しました!

プロフィールのアイコンや、twitterのIDをご覧いただくとおわかりになるかと思いますが、私は万年筆が好きで、ずっとウォーターマンの万年筆を愛用しています。

 

万年筆で文字を書くことで、自分の考えを整理するのはもちろん、気持ちを落ち着かせたり、仕事への集中力やモチベーションを高めたりもするので、万年筆の書き心地が悪くなると比例して気分も落ち込み…。だから、定期的にメンテナンスをしているのですが、ちなみに万年筆の一番のお手入れ方法(いい状態で保存する方法)は、何だと思いますか?

 

答えは、「使い続けること」です。
これ、私が万年筆から教わった、とても大事なことのひとつ。

 

個人的には万年筆といったモノだけでなく、自分の心や体、脳(=考える力や感性)などのメンテナンスも同じだと考えています。
「お手入れ=メンテナンスをしよう!」と考えると、人は「使わない」「休ませる」という選択をすることが多々あります。でも実は、それがベストな選択ではないことも少なくありません。むしろ、状態を悪くしてしまっていることもある…。

 

もちろん、休ませることがベストなときもあります。
ここで言いたいのは、「お手入れが必要=使わない」と条件反射的に考えるのではなく、「使い続ける」というお手入れがあるということを、常に意識しておくことの大切さです。

 

モノも、人の心や体も、お手入れは必要。
「しっかりと休ませているのに、何だか調子がよくないなぁ」と悶々としている人は、使い続けるというお手入れ方法があることを、ちょっと思い出してみてほしいと思います。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。

—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑