自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

頑張りどころがわからない企業は、地方に進出しても失敗する


9月23日、本を出版しました!

山県県上山市で行われる「かみのやまローカルインターン」に、TURNSのアドバイザーとして参加することになりました。
とても素敵なイベントなので、日々の自分に悶々としている人はぜひ参加してみてほしいイベントなのですが、その話はさておき…。

 

最近はこういった「地方で働く」をテーマにしたイベントに参加したり、他の地方自治体がやっているお試しサテライトオフィスに応募したりと積極的に動いています。地方の雇用や企業経営に詳しい人にもお会いし、関連書籍も積極的に読んでいます。

 

なぜか?
今のままでは、私たちのサテライトオフィスがダメになってしまうから、です。

 

正直、周囲の人から見ると、順調に見えるかもしれません。
いい仕事はいただけるし、素敵なチャンスも来るからです。しかし、それらはすべて、言ってしまえば“ご祝儀”だと思っています。現実は厳しい…。

 

自分たちが戦っているマーケットの中で、自分たちはどの位置にいるのか?
実際に地域(=世の中)にどのくらい貢献しているのか?
自分自身が地域や会社の生産性(=利益)にどのくらい貢献しているのか?

 

サテライトオフィスを成功させている企業は、本部で働いている社員も、現地で働いている社員も、目指すべきポイントが“ハッキリ”と見えている。だから、どこまで“厳しくなればいいか”の頑張りどころも見える。

 

でも、私たちはまだまだ見えていないのです…。
だから、厳しくなれない人は自分に甘く、人任せになり、責任感が強い人間は「このままじゃヤバい…」と無理をするようになる。そう、ひとつの指針となるラインが見えていないから、甘い人間と厳しい人間が両極端になる。当然、最終的にはどちらの人間も会社に貢献できないのです…。業績だって、悪くなるのは目に見えている。

 

地方でのサテライトオフィスを成功させている企業は、このあたりの「頑張りどころ」が客観視できているのです。だから、働くリズムもいいし、力の入れどころも抜きどころもわかっているので、雰囲気もいい。でも私たちは…。だから今、必死で勉強をしているのです。「頑張りどころがわからない企業は、地方に進出しても失敗するぞ!」と、自分に言い聞かせて。

 

さて、冒頭で紹介したイベントに話を戻します。
食費、宿泊費、現地での体験費もすべて込みで、たった3000円! 交通費はかかりますが、とても楽しいイベントですので、未来の働き方を考えている学生さんも、新しいステージへと一歩を踏み出そうとしている社会人の皆さんも、ぜひ参加してみてください。かみのやま温泉でお会いしましょう!

 

成蹊大学で「情報発信がもたらす縁」をテーマに授業を行いました!


「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑