自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「本気になれない…」なら、無理はしないほうがいい


本を出版します!9月23日発売予定!

映像制作や企画、メディア、地域活性の仕事をしていると、特に若い人から「こんな仕事をしたいんです!」「◯◯ができるようになりたいんです!」という相談をいただくことがあります。正直、大したことはできないのですが、アドバイスや協力できることがあるなら、「いくらでもしたい!」というのが本音です。

 

でもその一歩を踏み出す前に(あるいはゆっくりと歩みはじめてからでもいいので)、自分の胸に問いかけてみてほしいことがあります。
それは、「その目標や憧れに向かって、自分は本気になれるかどうか?」です。

 

今までたくさんの後輩たちを見てきましたが、見ていて苦しいのは、「目標、憧れ、夢はあるけど、本気になれない人」です。
本気になれない(時に自分を追い詰めることができない)と、やっぱり成長ができない。そして、目標や憧れに近づけないことが苦しくなって、そのときに頑張れない自分を自己否定してしまう…という人が少なくないのです。これは時に、不幸を生み出します。

 

私は本気になれないなら、無理はしないほうがいいと思っています。たぶん、本気になれることが、他にもあるはずだから。だから、強迫観念的に目標や憧れ、夢を追わなくちゃ! と、思い込むことはしなくてもいいんじゃないかな、と。
いつか本気になれることが見つかったなら、そのときに全力疾走すればいい。そのときに自分にムチを打てばいい。本気になれることなら、苦しさの中にも、希望がちゃんと見えていますから、“前向きに”歯を食いしばることができます。

 

そう、「本気になれない…」のなら、無理はしないほうがいい。

 

そして、自分自身に問いかけた結果、本気で頑張れると答えが出せた人には、全力で頑張ってもらいたいし、私も全力でアドバイスをしたい。
先日授業を行った成蹊大学の学生さんも、大きな夢を持って、近々オフィスに来てくれるそうです。今年で3年目の受け入れとなる産業能率大学のインターンでは、今年もニッポン手仕事図鑑で働いてみたい! という人がいるようなので、できることはやってあげたいな、と(しかも昨年は、のちに『ふたりごと文庫』の編集長となる学生がインターンで来てくれたので、ニッポン手仕事図鑑としても大きかった)。

 

こう書くと、いきなり厳しいことを学生に言うんじゃないか? と心配されそうですが、そこはさすがにまだ…。まずはゆっくりと伴走をしながら、一緒に将来を考えていければと思っています。ご安心を。


本気になればすべてが変わる
生きる技術をみがく70のヒント

成蹊大学で「情報発信がもたらす縁」をテーマに授業を行いました!


「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑