自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

10代、20代の若者へ。「チャンスを与えてもらえる人」になってください!

ニッポン手仕事図鑑がはじめたオンラインメディア『ふたりごと文庫』が、これから面白くなりそうです(自画自賛で申し訳ありません…)。


「メンバーブログ」から「オンラインメディア」へと、より多くの人が寄稿できるメディアにしていこう! と決めたあと、いろいろと考えた結果、昨年ニッポン手仕事図鑑にインターン生として参加してくれて、「地方創生の仕事に就きたい!」と頑張る大学3年生を編集長に任命しました。

 

「編集長、やってみますか?」と打診をしたところ、「やりたいですっ!」とふたつ返事で即答してくれましたが、大学生としてはなかなか難易度の高いチャレンジです。
メディアとしてのコンセプトを考え、「この人に記事を書いてもらいたい!」という寄稿者候補をリストアップし、資料をつくって、オファーを出す。質問が来たら、しっかりとニッポン手仕事図鑑の一員として、社会人としての回答を出さなければなりません。

 

でも、一生懸命やれば、結果はついてくるものです。
ぽつりぽつりと「書きたい!」と言ってくれる人が増えて、中には「えっ、この人が書いてくれるって? 本当に?」と驚く人が寄稿を承諾してくれていたりもします。いや、本気でびっくりすることもあるのです…。

 

こういう実績を上げていけば、間違いなく未来はパーッと広がっていくものです。
私くらいの年齢になると、「若い人にチャンスを与えてあげたい」と考える人は多くなりますが、もちろん誰にでもチャンスを与えたいわけではありません。「自分の未来を信じられる人」「仕事に心を込められる人」そして「やりきる覚悟を決められる人」に、みんなチャンスを与えたいのです。

 

10代、20代の皆さん。
ぜひ「チャンスを与えてもらえる人」になってください。チャンスを与えたい人は、意外と多いものです。

 

最後に…。
「ふたりごと文庫」で記事を書いてみたい人、大募集です!
自分ひとりのコトにしておくのはもったいない情報を、全力で伝えてください! 文章が下手でもOK! 大切なのは、想いです。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑

成蹊大学で「情報発信がもたらす縁」をテーマに授業を行いました!


「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!