自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

上司に仕事を取り上げられてからが、本当の勝負なのです

「今のあなたの実力では、この仕事は無理かもしれないね…」
そんなキツい言葉とともに、自分の仕事を取り上げられてしまうことがあります。クライアントに取り上げられ、上司や先輩に取り上げられ…。自分の実力不足を痛感させられる瞬間なので、それはそれは情けなくて、悔しくて…。

 

でも、ここからが「本番」なのです。
ここで伸びる人と、伸び悩み、埋もれてしまう人がハッキリとわかれるのです。

 

大多数の伸び悩む人は、仕事を取り上げられたら、そこで終わりにしてしまいます。その一方、屈辱を糧に、殻を破り、伸びていく人は、仕事を取り上げられてからも“その仕事を止めません”。なぜ、取り上げられてしまったのか? 何が足りなかったのか? を徹底的に考え、とにかく相手が認めてくれるレベルに到達するまで、「いい課題を与えてもらった!」と考え、やり遂げる。そして、もう1度仕事を取り上げた相手に見てもらえるチャンスを伺うのです。もちろん、見てくれないかもしれない。見てくれたとしても、さらに評価を下げるかもしれない。でも、やるしかないのです。

 

そう、使い捨てられる人材にならないために。

 

できなかった仕事を、できないまま終わらせてしまったら、次も絶対にできません。できるようになるはずがない。力不足で仕事を取り上げられてしまっても、「これでどうだ!」と、自信を持って言えるレベルまでやり遂げられる人だけに、次のチャンスが巡ってきます。なぜなら、仕事を取り上げた人は、取り上げられた人がその後にどんな努力をしてきたか、その屈辱を成長につなげているか、手に取るようにわかるからです。

仕事は取り上げられてからが、“本番”だったりするのです。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑

「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!


トークセッションに参加しました!