自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

あなたも毎日、運命の出会いをしている


9月23日、本を出版しました!

昨日の野生のトキの写真(「野生のトキの写真が撮れました!」)が、予想以上に反響がありまして…。やっぱり、奇跡的な出会いには、みんな惹かれるんだな、と。私もまだ興奮しています。

 

でも、です。
ここからは、決して美しい話をしたいわけでもなく、かっこつけるわけでもなく。

 

ニッポン手仕事図鑑には、「ふたりごと文庫」というオンラインマガジンがあるのですが、最新の記事と、そのひとつ前の記事を書いてくれたのが、 サテライトオフィスを開設した秋田県鹿角市で、5月から働いてくれている地元在住の社員たちです。


どうでしょう? 本気で素敵な記事だと思います。
でも、この記事を書いてくれた社員とは、今年の4月までは「他人」で、鹿角にサテライトオフィスを開設することがなければ、出会えていませんでした。もちろん、ハローワークに出した求人票を見てくれなければ、そして面接を受けようと思ってくれなければ、顔を見ることもできなかった人です。

 

こう考えると本気で、野生のトキと出会うよりも、奇跡的に感じます。

 

一昨日から今日まで、新潟県佐渡市、長野県中野市に行きました。その1週前には、ニッポン手仕事図鑑の撮影で、愛知県、岐阜県、三重県に行きました。地方に行くたびに新しい出会いがあって、よくよく振り返ってみると、関東にいても、新しい仕事をするたびに出会いがある。

 

そんな日々の出会いも、奇跡的な出会いなんだ。
野生のトキと出会うくらいに、興奮する出来事なんだ。

 

と、帰りの新幹線の中で、ロマンチックに思っていたことを書いてみました。あまりに撮影で疲れすぎて、他にネタが思い浮かばなかったので…。

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑

「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!


トークセッションに参加しました!