自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

みんなが聞きたい話は、どこにある? 〜シブヤ大学の講義を終えて~


昨日、生まれてはじめて、「講師」という立場でお話をさせていただきました。
プレゼンや研修以外で、30分近く話し続けるという経験を通して、今一番何を感じているかと言えば、ただひと言「自分自身の力不足」なのですが、まあ、それは次に活かすとして…。

 

お話をさせていただいたシブヤ大学×西武渋谷店「Think College」は、受講した方々から最後にアンケートをとります。そして今日、そのアンケートを共有していただきました。そこにはとてもありがたい(お気遣いをいただいた)言葉がいくつもあったのですが、そのアンケートを読みながら、強く思ったことがあります。

 

みんな、次の一歩につながるヒントや、自分が進むべき道の光を探しに、こういった講義を受けに来るわけです。仕事終わりの、疲れている中で…。
その中で何を聞きたいかというと、決して「世の中的な正解」や「模範解答」、「美しい答え」ではなく、もがきながら、苦しみながら、試行錯誤しながら出した“生々しい答えや考え方”だということです。それこそが、次につながるヒントになるからです。

 

昨日のテーマは「日本の手仕事を、どう残していくか?」。何を話すかをギリギリまで迷った結果、ニッポン手仕事図鑑というメディアを立ち上げ、2年間試行錯誤してきた今、自分の中にある「ひとつの答え」を語らせてもらいました。

「映像の限界」
「職人さんの触れられたくない部分にフォーカスすること」

 

謙遜でも何でもなく、講義はうまくできなかったのですが、アンケートやその後にいただいたメールを読んで、自分の経験を通して出した結論を、ストレートにお話したことは大正解だったと思っています。

 

「講師」「経営者」「上司」…何かを伝える立場になると、どうしても「さすが!」と言われたくて、美しい結論を出そうとしてしまいがちですが、伝えるべきことは、美しくなくていいんだな、と。泥臭くていいんだな、と。自分の経験を通して、心から思ったことを、ストレートに伝えることが本当に大事なんだと思いました。

 

みんなが聞きたい、あなたの話は何か? それは、世の中の模範解答ではなく、あなたが試行錯誤しながら出した、泥臭い結論を聞きたいのです。

「SUUMOタウン」に寄稿しました!

トークイベントをやりました!

—————————————————————

映像制作、執筆等のご依頼、ご相談は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑