自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

リーダーのための、アンガーマネジメント&部下指導術


リーダーと呼ばれるポジションにつくと、スタッフの行動や態度、ミスに対して、「怒り」を覚えるときが多々あります。
でも、感情的なときに指導やアドバイスをしても、当然相手の心には響かないし、指導が一方的で、客観性がなくなってしまうことも少なくありません。人間の脳の特性上、感情的なときに指導をしても、どんどん怒りが大きくなり、言葉もキツくなってしまいますし…。

 

そんなときに効果的なのが、「伝えようとしていることを、まずは1度、文章に書いてみる」こと。

 

スタッフに伝えようとしていることを、シナリオ的に文章に起こしてみると、まずは何よりも自分が抱えている怒りが収まり、とても冷静になれる。
そして、書いていくことで自分の考えがよりまとまって、「実は今伝えなくても、もう少し様子を見たほうがいいんじゃないか?」「待てよ、この部分は彼(彼女)は悪くないな…」と、指導内容やアドバイスの精度も上がり、よりベストな判断ができるようにもなります。

 

繰り返しになりますが、部下や後輩に怒りを覚えたときこそ、感情にまかせて言葉を発するのではなく、まずは1度、伝えたいことを書いてみる。これだけで怒りが収まり、指導のレベルも格段に上がります。あっ、子育てや旦那マネジメントにも効果的かもしれません…。

 

これをやっても「怒り」がどんどん大きくなってくる相手もいますが、そんなときは大きな声では言えませんが、ガツン! とやっていいと思っています。ま、ほとんどの場合は、冷静になれるのですが…。

久々に記事を書きました!

3月8日にトークイベントを開催します!

—————————————————————

映像制作、執筆等のご依頼、ご相談は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑