自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ナルシスト企業って、いい意味? 悪い意味?


先日、『ナルシスト企業ランキング(出典:リンクモンスター株式会社)』というランキングが発表されました。
ナルシスト企業の定義は、自社の事業内容や商品・サービス、社風、業界内ポジション、雇用条件、待遇などに対して、多大な自信や愛情を有している社員が多い企業…だそうです。自分の会社に愛情を感じられるのですから、それは素敵なことです。

 

で、そのランキング結果については、個人的には少し首をかしげるところもあるのですが、それはさておき興味深かったのは、ナルシスト企業に対するイメージについてで、事業内容や業界内のポジション、雇用条件から生じる『偉そう』『傲慢』『勘違いしている』といったマイナスイメージが強い企業と、商品の品質や先進性、社風や待遇などから生じる『会社愛、商品愛が強い』といったプラスイメージに分かれるという考察です。ランキングの上位の企業で言うと、電通や国家公務員、東京電力がマイナスイメージが強いのに対して、Apple、トヨタ自動車、スターバックス、オリエンタルランドはプラスイメージが強いそうです。

 

私はナルシスト企業は、魅力という意味も含まれた「実力」がある企業だと思っています。実力のない企業に、社員は愛情は感じません。ただその実力も、“世の中から感謝され、共感され、ファンになってもらえる存在”になれなければ、ちゃんとした形で発揮できないこともある、ということです。

 

そう、ナルシストであるだけではダメ。感謝される存在にならなければ、実力を認めてくれる人が周囲からいなくなってしまうだけでなく、結果的に衰退していくことだってあるのです…。これは企業だけでなく、個人も同じ。

 

実力をつけることばかりに目を向けるのではなく、世の中から感謝される存在であるかも大切。そんな当たり前のことを、改めて考えさせてくれたランキングでした。

—————————————————————
映像制作、執筆等のご依頼、ご相談は、

office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————

ついにラスト!
第10弾「木彫刻師」の映像を公開しました!
佐賀の伝統芸能を守り続ける職人技をご覧ください。
「面浮立」←これ、何と読むかわかりますか?


ニッポン手仕事図鑑