自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

なぜ、あなたの企画書は、伝わらないのか?


9月23日、本を出版しました!

私が書いた企画書の中には、相手の心にしっかりと響いてくれた企画書もあれば、まったく心に響かなかった企画書もあります。

 

その違いは何か?
答えはとてもシンプルで、「面倒なことをやったかどうかの違い」です。

 

企画書だけでなく、プレゼンにもテクニックや経験は重要な当然必要ですが、一番大切なのは、面倒なことから逃げないかどうか、だと思っています。想いをしっかりと届けるようとすると、そこにはいつも、“面倒くさい”がついてくるのです。

 

「“もう少し”わかりやすく、丁寧に文章を書いてあげれば~」
「“もう少し”具体的なデータがあれば~」
「“もう少し”写真や図で表現してあげれば~」

 

その“もう少し”をやるか、やらないか。
私も人のことは言えず、ダメな企画書を書いていますが、世の中のほとんどの企画書が本当に意味で伝わらないと言われるのは、テクニックや経験が足りないのではなく、そのもっと基本の、“もう少し”相手のために、という面倒くさい手間暇が足りないからです。そう、テクニックや経験を語るのは、面倒な手間暇を掛けてからの話だということです。

 

自分の想いが伝わらないと悩んでいる人は、「想いを伝えるには、面倒がつきものだ」ということを忘れず、あえて面倒なことをしてみてください。
私もこれから書く企画書は、相手のことを想いつつ、面倒なことから逃げず、頑張ってつくっていこうと思います。

—————————————————————
映像制作、執筆等のご依頼、ご相談は、

office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————

現在「ガラス職人」の映像を公開中です!
日本中、いや世界中のガラス細工を支えている手仕事をぜひご覧ください!


ニッポン手仕事図鑑