自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

あなたのブランド力をグッと高める、その“ひと言”をつくろう

有名な話ですが…。
私が尊敬する小山薫堂さんがある日、学長を務める東北芸術工科大学でこんな授業を行いました。

 

薫堂さんはカレーを入った鍋を用意し、「このカレーをつくったのは、この人です」と、いわゆる“普通のおばちゃん”を教室に招きました。
“おばちゃん”は「どうも、鈴木です」と挨拶しただけで、あとは薫堂さんの「このカレーのポイントは?」という質問に、「こうやってニンジンを入れて〜、市販のカレールーを使って〜」と、食材やつくり方について、淡々と答えていくだけ。

 

だから当然、薫堂さんの「では、このカレーを食べたい人?」という問いかけにも、学生たちは(ランチ後だったこともあり)ひとりも手を挙げませんでした…。

 

で、ここからが本題。
薫堂さんは突然、「では、少し息子さんのことを聞いてみましょう」と、カレー以外の質問をはじめます。

 

薫堂さん「息子さんは何をやっているんですか?」
“おばちゃん”「野球ばっかりやっているんです」
薫堂さん「どちらにいらっしゃるんですか?」
“おばちゃん”「アメリカにいます」
薫堂さん「息子さんのお名前は?」
“おばちゃん”「ありふれた名前ですけど、一朗という名前でして」

 

もう、おわかりですね。
この“おばちゃん”はただのおばちゃんではなく、あのイチロー選手のお母さんだったのです。

 

イチロー選手が「朝カレー」を毎日食べていたという話は有名ですが、その原点とも言えるカレー。薫堂さんが改めて「食べたい人、いる?」と尋ねると、当然今度は全員が「食べたい!」と手を挙げたとか。そりゃそうです。

 

そう、これがブランディング。
普通のカレーでも、ランチ後でも、「絶対に食べたい!」と思わせる価値を、言葉にして伝えていく。

 

ここまで強烈な“ひと言”は無理でも、ひとつくらいは「えっ、そうなの!? すごいね!」と、相手に興味を持ってもらえて、あなたのブランド力をグッと高める“ひと言”があるかもしれません。
でもそれは、自分ではなかなか気付かないもの。だから、仲のいい人にちょっと聞いてみてください。もしかすると、とても価値のある“ひと言”に気づかせてもらえるかもしれません。

 

もしなければ、これからつくっていけばいいのです。
「こんな場所に行ったことがある」
「こんなものを持っている」
「毎日、こんなことをやっている」
実はちょっとした経験が、あなたのブランド力を高めてくれたりするのです。

—————————————————————
映像制作、執筆等のご依頼、ご相談は、

office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————

第9弾「ガラス職人」の映像を公開中です!
日本中、いや世界中のガラス細工を支えている手仕事をぜひご覧ください!
現在、「ニッポン手仕事図鑑」では、
10週連続で職人さんの映像を公開しています!


ニッポン手仕事図鑑