自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「何となく売れていた」「このレベルでもいい」というすべてのモノが、淘汰されていく時代になる


9月23日、本を出版しました!

自分たちの仕事や将来のビジョンについて、社員や身近にいる関係者が共感してくれるのは、ある意味で当たり前です。身近な人にも共感してもらえないビジネスあるいは企業に、当然未来なんてあるはずもありません。論外です。
大切なのは、社員や関係者以外の人に、共感をしてもらえるか。私はその数こそが、自分たちのビジネスが社会に貢献できるかどうか、この先伸びていけるかどうかのバロメーターになると考えています。

 

だから先日、ニッポン手仕事図鑑の新しい仲間を募集したとき、熱い想いとともに連絡をくれた方が何名もいたことが、心の底から嬉しく、ありがたいと思いました。こんなに励まされたことはなく、もっと頑張ろう! という気持ちにもなりました。改めて書くまでもなく、想いを共有できる人たちと一緒に仕事がしたい! と、強く、本当に強く思ったものです。

 

共感してもらえること。
この人たちとつながりたいと思ってもらえること。
最近は今まで以上に、そう思ってもらえることを大切に感じています。

 

ちょっと厳しい表現になりますが…。
企業にしても、世の中の商品、サービス、人材にしても、ありとあらゆるものが、今までは「このレベルでもいい」「ないよりはあったほうがいい」「何となく必要」程度でも、買ってもらえたし、少なからず需要はありました。でも、これからはきっと、日本のあらゆるマーケットがどんどん小さくなることで、「何となく売れていた」「何となく必要とされていた」というレベルのものは見向きもされなくなり、「本当に必要だ!」と思えるものしか、求められないようになると思っています。
だから自分自身も、本当に必要だと思ってもらえる人材でありたいし、所属している企業もそうであってほしいし、ニッポン手仕事図鑑もそういうメディアであり続けたい。それを計る指針が、“周囲の人たちからの共感”だと考えています。

 

これからはもっとシビアに、ニッポン手仕事図鑑の活動に対して、共感をしてくれる人がいるかどうかが、見たくなくても見えてくるようになります。
強引に共感してもらおうと思っても、そんなことは不可能。メッキはすぐにバレるし、剥がれる。だから、正々堂々と真摯に行動を続けて、共感してもらえる自分たちであり続けるしかないのです。そう、すでに共感してくれる人たちを裏切らないためにも…。

以上、突然の決意表明でした。
明日は和歌山県印南町に行きます。知らない土地に行く前の日は、いつもソワソワ、ワクワクします。

第5弾「浜松注染そめ職人」の映像を公開中!
浴衣の取扱量日本一を誇る静岡県浜松市が誇る職人技をぜひご覧ください!
現在、「ニッポン手仕事図鑑」では、
10週連続で職人さんの映像を公開しています!


ニッポン手仕事図鑑