読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

僭越ながら、JapanTimesの本紙で紹介されました

実は8月に、ニッポン手仕事図鑑が「ハフィントンポスト」で取り上げられました。
その記事を偶然、「The JapanTimes(ジャパンタイムズ)」の記者さんが読んでいて、「ぜひ取材をさせてほしい!」と依頼があったのが、8月中旬。その1週間後には取材があり、そして今日、記事になりました。

f:id:igooke:20160905132444j:plain

「今は収益化はしない。まずは“共感の輪”を広げて、ファンを増やしていこう!」

 

そうメンバーに熱く語っているものの、正直、焦りがあるのも事実です。
収益化はしないと言っても、いつまでも、というわけにはいきません。年内には新しいサービスもリリースする予定なので、そこまでにはある程度は認知度があるメディアにならなければ、先行きが怪しくなる。でも、広告費があるわけではないので、地道にプロモーション活動を行っていき、少しずつ認知度を上げていくしかありません。

 

そんな中で、いくつものメディアに紹介されたのは、私たちとしてはとても大きな出来事です。しかも、その流れでニッポン手仕事図鑑を広めていく活動に協力しよう! と応援してくれる方が増えたおかげで、実は9月中旬には、ニッポン手仕事図鑑はテレビデビューも果たします(地上波ではありませんが…)。

 

とはいえ、やはりまだまだ認知度も低く、微力なメディアですので、これからも共感してもらう活動を地道に行い、共感の輪を広げていきたいと思っております。
これからもより一層、ニッポン手仕事図鑑をよろしくお願いします!

今日はそんな決意表明とお知らせでした。



未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑