自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ボツ企画の数だけ、ビジネスマンの寿命は延びていく

経営者であろうが、営業マンであろうが、総務部門の社員であろうが、クリエイターであろうが、職種を問わず、すべてのビジネスマンに“寿命がある”と思っています。
ビジネスマンの寿命とは、シンプルに「世の中に必要とされている期限」です。取引先や所属している企業、一緒に働く仲間に必要とされ、頼りにされるからこそ、働くことができる。そして、その対価として、お金をいただける。必要とされなくなったら、そこで寿命が切れてしまうわけです…。

 

では、ビジネスマンとしての寿命を伸ばすためには、どうすればいいのか?
私は寿命の長さは、「ボツ企画」の数に比例すると思っています。そう、ボツ企画を出した数だけ、ビジネスマンとしての寿命は伸びていく。

 

「私の仕事は、企画を考える仕事じゃないから…」という人の仕事でも、世の中や会社をよくするためのアイデア(企画)を出すことはできます。私が知っている人の中にも、一般的には「企画を考えるような仕事じゃない」と認識されているような職種ですが、会社をよくするためのアイデアを頻繁に出している方がいます。特に専門知識もなく、特別な経験もない、いわゆる“おばちゃん(失礼な表現をお許しください…)”ですが、自分の会社をよくするためのアイデアを出しては、採用されるものもありますが、ボツになるものが圧倒的多数だったりします。でも、だからこそ、ビジネスマンとしての寿命は長く、おそらくいつまでも必要とされ続ける人材として、周囲の人に認識されています。

 

ボツ企画をたくさん出すと、何でボツになったのか? 何がダメだったのか? がわかるようになります。
その結果、よりよいアイデアを出せるようになるのはもちろん、課題を見つける視野が広がり、実現するための障がいをクリアしていく分析力、実行力も自然と身についていきます。さらに言うと、人の立場に立って物事を考えられるようにもなるので、深い思考で考えられるようになり、コミュニケーション力もアップします。そう、ボツ企画の数の多さは、バカにならない財産なのです。

 

あなたの周囲に、もし「この人は、ビジネスマンとしての寿命が短そうだな…」という人がいたら、ちょっと注意深く観察してみてください。きっと、ボツ企画を出していませんから。ボツ企画の数だけ、ビジネスマンの寿命は延びていくのです。

未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑