自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

自分の未来への可能性を「0」にする、たったひとつのこと


9月23日、本を出版しました!

アクセス数は残念ながらビックリするほど増えませんが、このブログの継続更新日数が「600日」を超えました。

 

ブログを続ける価値については何度も書いていますが、簡単に書くと、普段の仕事では得られない自分自身を成長させてくれる学びがたくさんあり、考えられないような出会いやチャンスに恵まれます。情報収集するアンテナの感度も高まるし、WEBについての知識も増えて、ニッポン手仕事図鑑を知ってもらえるチャンスも広がる。いいことしかありません。

 

もしかすると明日、もっと素敵な出会いがあるかもしれない。
もしかすると明日、人生を変えるような仕事が来るかもしれない。

 

でも、ブログを止めてしまったら、そんな未来への可能性が「0」になります。そう、止めたら“明日生まれるかもしれない可能性”が、完全になくなってしまうわけです。だから、ブログを続けています。何も起きないかもしれない未来のために、何かを続けていくのは確かに苦しいものですが、明日生まれるかもしれない可能性を信じて続けているわけです。

 

ブログはあくまでも、ひとつの例です。
目指している夢や目標、環境や立場によっても、何を続けるべきかは異なるとは思いますが、止めてしまったら可能性が「0」になるのは、すべてのことに言えます。逆に言い換えると、動けば、可能性は生まれるわけです。

 

最後に、最近あった面白い話を。
どうしても「ドローン(カメラ付きの無人航空機)」を体験してみたくて、先週末の撮影でチャレンジをしてみました。

体験したことで話せることが増えましたし、映像を公開したことで、実はさっそくひとつ、面白い相談がありました。仕事になるかはわかりませんが、確かに“可能性”が生まれたわけです。

 

動けば、可能性は生まれる。止めてしまったら、可能性は「0」になる。どうやって日々を過ごすべきか、迷うことはないはずです。

ニッポン手仕事図鑑が、クラウドファンディングに挑戦しています!
日本の手仕事のために、応援(シェア、拡散)を、よろしくお願いします!

未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑