自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

成功体験を増やすことは大事ですが…という話


9月23日、本を出版しました!

小さな成功体験を増やしていくことは、とても大切なことだとよく言われます。私もそれについては、少しの異論もありません。
成功体験を増やすことで、仕事のクオリティが上がるのはもちろん、自信にもつながり、相手に与える印象も変わる。そして、危機管理能力や、マネジメント能力も上がります。小さな成功体験と失敗という体験の数に比例して、仕事はどんどん楽しくなるし、きっと未来も明るいものになります。

 

しかし、です。
成功体験というのは、なかなか扱いが難しいものでもあったりします…。

 

どういうことかというと、成功体験を増やした人は、その成功体験にしがみつく傾向になりがちなのです。つまり、過去の成功体験をリピートしようとしてしまうわけです。過去に評価されたり、成果を上げた体験があると、「もう1回!」と繰り返したくなるのは当然のこと。成功したからこそ、もう1度成功する確率も高く、失敗する可能性も低いからです。

 

優しい言い方をすれば、「安心できる」。
厳しい言い方をすれば、「楽ができる」。

 

そう、目先の仕事にはプラスになっても、未来の自分にはプラスにならない。成功体験の繰り返しは、自分自身の成長にはつながりづらいのです。

 

作家の石田衣良さんは以前、インタビューで「過去の自分を、真似しない」ことが、自分の成長には不可欠だと答えていました。ダウンタウンの松ちゃんもテレビ番組で、「過去の笑いを、捨て続ける」姿勢が大切だとおっしゃっていました。

 

成功体験は、よりよい仕事をしていくためには必要不可欠なものです。でも、その成功体験にしがみつくと、自分の成長は止まってしまいます。そう、成功体験は、繰り返そうとしてはいけないのです。

 

さて、自分自身の心に問いたいと思います。
しがみついてしまっている、成功体験はないか?

未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑


ニッポン手仕事図鑑のメンバーで制作した映像です!


ニッポン手仕事図鑑のメンバーブログもぜひご覧ください!