読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

なりたい自分を見つける方法

「なりたい自分」を見つけたいのに、見つからない…。だから、どんな行動をすればいいのかわからず、未来も見えず、日々悶々もしている…。そんなふうに悩んでいる人がいると聞きます。私ならそんな人に、どんなアドバイスをするか? 参考までに書いてみたいと思います。

 

まずは、こんな人を思い浮かべてみてください。
「この人と仕事ができたら、楽しいだろうなぁ」とワクワクできる、あなたが誰よりも、一緒に仕事をしてみたい人。
「この人は、どんな毎日を過ごしているだろう?」と興味が刺激される、あたなが誰よりも、密着取材をしてみたい人。

 

できれば身近な人で、探してみる。
見つかったら、なぜそう思うのか、その人のどこに魅力を感じるのかを徹底的に考えてみるのです。パパっと中途半端に考えるのではなく、そのための時間をとって、じっくりと本気で考えてみる。1日とは言わず、1週間、1ヶ月と、粘り強く考えてみる。

 

「◯◯さんのような人になりたい!」と熱く宣言する人に、「どうして?」と聞いてみると、意外に答えがぼんやりしたものだったりします。
自分が一緒に仕事がしたい人、憧れている人がいても、その理由は結構自分の中では曖昧で、うまく整理や定義ができていない場合が多い。それについて本気で考えてみると、「そうか、私はこういう人が好きで、魅力を感じるのか」と新たにわかることがたくさんある。そう、それが「なりたい自分」の人物像だったりするのです。

 

そんな人物像が見えてくると、それに近づきたくなり、今自分が起こすべき行動や学ぶべきこと、出会うべき人など、いろいろなことがハッキリとしてきます。
「なりたい自分」なんて無理やり見つける必要もなく、見つからなくても大きな問題はないと思いますが、なりたい自分が見えていると、行動力は確実に上がります。そして、一瞬一瞬が楽しくなる。そんなメリットは確かにあります。

 

行動力を上げて、日々楽しむために「なりたい自分」を探したい人がいたら、身近な人で憧れる人のことを、徹底的に“想って”みてください。きっと、素晴らしいヒントが見つかるはずです。

未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑


ニッポン手仕事図鑑のメンバーで制作した映像です!


ニッポン手仕事図鑑のメンバーブログもぜひご覧ください!