自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

だから、あなたが考えた自社戦略は失敗する

たとえば、「自社のサービスを、1万人に売りたい!」という相談をしてきたお客さんがいるとします。あなたは一生懸命考えて、「◯◯に100万円の広告費を使いましょう。それがベストです!」というプランを提案したとします。

 

1万人にサービスを売るために、◯◯に100万円を使うという提案。それこそが、あなたが「これしかない!」と自信を持って提案するベストプランです。

 

なのに…。
逆にあなたがまったく同じ状況で広告費を使う立場になると、「100万円の広告費を使うのなら、15000人には売りたい!」と当たり前のように思ってしまったりします。あるいは、「1万人に売るための広告費なら、せめて50万円くらいに抑えたいなぁ」と思ったり…。

 

そう、人は自分のことになると、欲が出ます。欲を出すから、戦略も変わってしまう…。で、結果的にうまくいかない…。自分が相手に提案したベストなプランが、自分が同じ状況になると、ベストプランではなくなる不思議。

 

だから私は、自分のビジネスの戦略を立てるとき、別の誰かに提案するつもりで企画を考えます。冷静に、冷静にと自分に言い聞かせながら。これがなかなか難しいのですが…。

自分のことになると、人は欲が出てしまうものです。
だから、それを忘れず、冷静に、冷静に…。

ニッポン手仕事図鑑のメンバーで制作した映像です!

未来の日本に残していきたい職人さんを、映像で紹介しています!

ニッポン手仕事図鑑

ニッポン手仕事図鑑のメンバーブログもぜひご覧ください!