自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

仕事ができる人はきっと、常に相手との距離感を縮める「ネタ」を持っている


9月23日、本を出版しました!

以前にも何度かこのブログで書いたことがあるのですが、私は常に雑談のきっかけになる“ネタ”を持ち歩いています。

 

愛用しているウォーターマンの万年筆はもちろん、活版印刷の名刺だったり、甲州印傳の名刺入れだったり、オリジナルでつくった財布だったり、革のペンケースだったり…。たまたま持っているアイテムも含めて、とにかく話し相手が食いついてくれそうなネタをチラつかせて、食いつくのを待ちます。そう、撒き餌みたいなもの。

 

なぜそんなことをするかというと、言うまでもなく、話が弾むからです。たったそれだけで、心の距離がグッと近くなる。小さなことですが、未来の仕事の行方を大きく左右します。
しかも、何に食いついたかによって、相手の好みや価値観がわかる。私はどちらかというと、仕事を企業対企業で考えることがあまりなく、あくまでも人と人とで考えます。目の前の仕事をよりよく進めていくために距離感を縮めるだけでなく、相手の価値観を知ることで、人と人との付き合いもできるようになる。これは本当、大切なことです。

 

で、こんなものをつくってみました。

f:id:igooke:20160420182247j:plain

これ正直、ほとんどお金がかかっていません。
それでもきっと、とてつもない費用対効果を出してくれます。ちょっとした工夫と手間で、相手との距離感を縮める「ネタ」は手に入ります。鞄の中に、そっとネタを忍ばせてみてください。その価値がきっとわかるはずです。

 

周囲を見渡してみると、仕事ができる人たちは、常に相手との距離感を縮めることを考えています。だから私も、日々そんなネタを探したり、つくっていたりしているのです。

ニッポン手仕事図鑑のメンバーブログもぜひご覧ください!



ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!