自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

不安を楽しめる生き方への第1歩


今から5年ほど前のことです。
自分の意識がガラリと、まさに180度変わったことがありました。

 

それは、計画の立て方です。
小心者で心配性なこともあり、それまでは5年10年という中長期的な目標を立てて、それを逆算しながら「今、何をやるべきか?」を考えていました。そう、ビジネス書や手帳術を特集した雑誌などによく書かれているような考え方です。

 

この考え方自体は今でも正しいと思っているのですが、私は5年くらい前に、その考え方を捨てました。

 

その理由は、いくつかあります。
変化の激しい今の時代、先々の計画を立ててもすぐに変更することになる…という経験をしたこともありますが、何よりも手応えのない遠い未来に向かっていっても、楽しくなかったのです。だったら、変化に柔軟に対応できて、変化を楽しめる自分になる努力や勉強をしたほうがいいし、そのほうが周囲も共感も評価もしてくれる。それに気づいたのです。

 

そして、もうひとつ。
想像できないくらいの未来が、やってこなくなる。つまり、予定調和な日々しかやってこなくなる。描いていた未来が予想通りにいくことはあっても、それ以上の何かが起こらなくなっていたのです…。これがとても切なくて、怖くも感じました。

 

だから、先のことを考えることをやめました。やめることを決めたときは、不安に押しつぶされそうでしたが…。
でもその結果、想像もしていなかった仕事をやることができて、チャンスも巡ってきました。人との出会いも生まれました。未来から逆算していく生き方ではなく、今を全力で楽しむ生き方に変えたことで。

 

これが正しい考え方とは自信を持って言えませんが、自分の目指している生き方には近いような気がしています。5年前の自分が聞いたら、びっくりするような話です…。たった5年で人は変わるもんだなと、改めて思ったりしています。

 

もし5年前の私のように、未来から逆算していく生き方に少し窮屈さを感じている人は、先を考えることをやめて、今を全力で楽しむ生き方に変えてみてもいいかもしれません。不安はありますが、不安を楽しめる生き方への第1歩になるかもしれません。

和竿職人の映像をアップしました! 釣り好きではなくても、必見の映像です!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!