自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

肩書きに、可能性を奪われていないか?


9月23日、本を出版しました!

私の名刺の肩書きは、「編集長/ディレクター」です。

 

この肩書きがいいのは、「縛られない」ことです。
たとえば、肩書きを「映像ディレクター」にしてしまうと、映像のイメージが強くなりすぎて、相手も映像以外の仕事が相談しづらくなる。そうなると、WEBサイト(自社メディア)の運用サポートやブランディング、イベントやクラウドファンディングの企画など、個人的に大きな可能性を感じながら進めている今の仕事は、たぶんなかなか依頼されなくなります…。これって、すごく怖いことです。

 

そう、肩書きは、怖い。その怖さを知ることは大切です。

 

肩書きは、今の自分ができる仕事や専門性をわかりやすく伝えてくれる反面、新しくチャンスを制限してしまうリスクもあります。どちらがよくて、どちらが悪いはありません。
だから1度、真剣に考えてみてほしいと思うのです。あなたのスキルを最大限に活かせる肩書きは何か? あなたのやりたい仕事に近づくための肩書きは何か? あなたの未来を広げる肩書きは何か?

 

所属している会社によっては、肩書きを簡単に変えられなかったりします(意外に変えられる会社も多い)。そのときは、2枚目の自分オリジナルの名刺をつくってもいい。「それも、会社にバレたらヤバい!」という人は、名刺で表現することを諦めるしかありませんが、自分にふさわしい肩書きを発信していく方法はいくらでもあります。その方法も含めて、肩書きを真剣に考えてみるのは、大切だと思うのです。

 

昨日、肩書きを変えることで、未来を大きく広げていった人と会ったので、ちょっと書いてみました。肩書きを変えることで、広がる未来はある。フリーランスだって、会社員だって、経営者だって…。

記事を書いてみたい人、絶賛募集中です!
PRもできます! お気軽にご連絡ください。


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!