自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ノウハウは、すべてさらけ出せ!

打ち合わせを終えたあと、たまにこんなことを言われます。
「よく、そこまで話しますね…。自分のノウハウを誰かに知られるのって、怖くないですか?」と。

 

自分が培ってきたノウハウは、確かに今の自分の武器のひとつでもあるので、すべてを話すことを躊躇した時期もありました。「追い抜かれてしまうかも…」「仕事を奪われるかも…」なんて思ったりして。
でも今は、誰かに何か相談されたり、提案するときには、自分が持っているものをすべて話すようにしています。そう、全力でさらけ出す。

 

なぜなら、自分が持っているノウハウは、そんなに遠くない将来、結局はどこかから知られてしまう程度のものだからです。そう、自分のノウハウなんて大したことない。だったら、隠しておくよりも、さらけ出したほうが“大きなプラス”になります。

 

では、具体的にどんなプラスになるかというと、ノウハウをさらけ出すことで、相手に信頼してもらえるようになります。「自分を信頼してくれているんだ」という安心感につながり、「この人に聞けば、何かが出てくる!」と期待もしてもらえる。その結果、新しい仕事やチャンスがもらえるのです。結果的にさらけ出したノウハウ以上のものが、自分に返ってくる。

 

そしてもうひとつ。
ノウハウをすべてさらけ出すと、次にさらけ出すものがなくなります。つまり、次に出す武器がなくなるので、「何か新しい武器(=ノウハウ、スキル)を手に入れないと!」というモチベーションになるのです。実はこれがかなり大きい。スポンジではありませんが、絞り出してカラカラになると、また吸収したくなるのです。出さないと、吸収する意欲も高まらない。

だからいつも、自分に言い聞かせています。
「ノウハウは、すべてさらけ出せ!」と。


記事を書いてみたい人、絶賛募集中です!
PRもできます! お気軽にご連絡ください。


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!