自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

書き手の読み手の間に、「共感」を生む文章


9月23日、本を出版しました!

本当にありがたいことなのですが、ニッポン手仕事図鑑のプレゼント企画「編集長のおみやげ」の文章を、応募者や周囲の人に褒めていただくことがあります。ただ残念ながら、文章がうまいという褒め方ではなく…。では、何を褒めてもらっているかというと、「何か伝わってくるものがあるね」と、そこに“書き手の感情を込めたこと”を評価してくれるのです。


たとえば、かづの銘酒のお酒の紹介文は、こう書きました。

そんなに日本酒が好きではありませんでした。

でも、一気に日本酒が大好きになりました。

それは「かづの銘酒」のこのお酒と出会えたから。

地元の人の日常的な晩酌の味は、

私にとっては「感動」と表現するにふさわしい味でした。

 
また、淡雪こまちについては、こんなふうに書いています。

食べれば食べるほど、

毎日このお米を食べられる町の人たちに嫉妬してしまいます。

 

お酒もお米も、原材料や製法、使われている水など、商品の説明として書ける「事実」はたくさんあります。でも、それだけを書いても、商品の魅力はなかなか届かない…。なぜなら、頭で理解できても、心が動かないからです。

 

心に届くのは、書き手の体温を感じる文章です。上手い下手ではなく。それはエッセイのような原稿だけでなく、ビジネスの文章も同じだと思っています。事実や情報や提案内容をただ書くだけでなく、自分の感情をほんの少し込めてみる。そこに書き手と読み手の共感が生まれるのだと思うのです。

記事を書いてみたい人、絶賛募集中です! PRもできます!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!