自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「時間がない中で、ネタを絞り出す」トレーニング

このブログの記事は予約投稿で更新していますが、ほとんどはその日、記事を更新する直前または数時間前に書いています。なので、忙しいときは遅い時間の更新になってしまいます…。ちなみに予約投稿にするのは、URLの数字の並びがいいから。ただそれだけです。あとでURLの修正をすればいいだけの話ですが、面倒で…。

 

それはさておき、前もって記事を書いて、ストックをしておけばいいのに…と言われそうですが、あえてそれをやっていません。理由は、「時間がない中で、ネタを絞り出す」というトレーニングを兼ねているから。

 

特に書くことも決めず(決まっていることもありますが…)、「さあ、いざ書こう!」としても、なかなか書くことは浮かんできません。でも、毎日更新を続けると宣言した以上、苦しいけど何かを捻り出すしかない…。何かないか? これはどうだ? と苦しみながらネタを絞り出しています…。

 

というドMっぽいトレーニングをはじめて、今日で481日間。何とか連続更新をしてきました。いや、かなり鍛えられました…。

 

このトレーニングのいいところは、考えるスピードが早くなること。そして、ひとつの物事をさまざまな角度から見たり、分析したり、加工したりできるようになること。さらに言えば、「アイデアとは、既存のアイデアとアイデアの組み合わせだ!」と言われたりしますが、何かと何かを組み合わせるトレーニングにもなります。

 

そう、いいことが、たくさんある。苦しいけど…。

 

そして、何よりもいいのは、焦らずに、粘り強く考えられるようになることです。
基本的には納期のない仕事は受けないようにしていますが、「どうしても明日までに企画を…助けて!」と普段お世話になっている人からお願いをされたら、断れなかったりします。やるしかない。そんなとき、ブログでのトレーニングの成果を実感します。焦らず、冷静に、じっくりと考えられる自分がいます。
企画の精度はさておき…。

誰でも参加できるプレゼント企画「編集長のおみやげ」開催中!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!