読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

就職活動中の学生さん、自分の旗を立てていますか?

就職活動中の学生さんと話していると、こんなふうに思ってしまうことがあります。
「どうしてみんな、同じことを言うんだろう?」

 

無理にみんなと違うことを主張したり、無理に目立つ必要もありませんが、周囲に埋もれてしまってはダメです。「私はここにいるよ!」と、しっかりと旗を立てていくことがとても大切です。これは社会人になってからも…。
私はどんな人で、こんなことができて、将来はどんなことをやりたくて、こんなことで人に喜んでもらいたい。そんなメッセージを何度も粘り強く発信し続けて、自分自身を知ってもらうことこそが、「旗を立てる」ことです。

 

もし、あなたが誰にも必要とされていない…と嘆いているなら、ほんの少しだけ勇気を出して、本音を語ってみてください。どこかの誰かと同じような“記憶したセリフ”は捨てて…。

 

地図も渡さず、住所も教えず、「私がいる場所まで来てください」とは誰も言えません。それと同じで、あなたへとたどり着くだけの情報発信をしてこそ、あなたのことを探している人たちは、あなたを見つけることができるのです。みんなに必要とされている人の多くはきっと、しっかりと旗を立てているのです。自分の本音を伝えているのです。そう、ほんのちょっと勇気を出して。

誰でも参加できるプレゼント企画「編集長のおみやげ」開催中!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!