自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「会いたい人リスト」の人に会いに行く ~Takiさん、いのっちさん編~


自分にいい刺激を与えてくれる素晴らしい若者と、久しぶりに出会いました。


先週の金曜日、はてなブログで有名な「ウォーキング×美味しいもの」のTakiさんと、「銀塩日和」のいのっちさんと食事をしました。Takiさんオススメの、日本酒がおいしい五反田の「鳥料理 それがし」で。

f:id:igooke:20160214183719j:plain

小さい頃に住んでいた鎌倉の話題が多かったこともあって、Takiさんのブログは以前から大好きで、よく読ませていただいました。去年から「会いたい人リスト」に載せていたひとりでもあります。

 

そんな陰ながらファンだった人が、まさかニッポン手仕事図鑑を応援してくれるようになり、私が推しに推しまくっている秋田県鹿角市にも「今年、行きます!」というコメントをくれるようになるとは夢にも思わず…。
そんなこんなで、いつかはこの人に会いたい! と思っていたのですが、ようやく先週の金曜日に、念願が叶ったというわけです。そして、そのTakiさんが「ニッポン手仕事図鑑のファンが、もうひとりいまして…」と、今回の飲み会に誘ってくれたのが、いのっちさんでした。

 

こんなブログで突然褒められても迷惑かと思うのですが、ふたりは話していて気持ちがよく、優しい空気感とは裏腹にしっかりとした自分の軸も持っていて、頭の回転も早く、行動力もある優秀な若者でした。その飲み会にはニッポン手仕事図鑑のチーフカメラマンも参加したのですが、同世代のふたりからとてもいい刺激をもらえたと思います。どんな話で盛り上がったかは省きますが、個人的にも久々にとても楽しい時間になりました。たくさんの日本酒をみんなで飲み比べしたりして…。お店のスタッフも楽しい人ばかりでした。

 

さて、ここから強引に仕事の話に持っていきますが…。
私は制作会社の現場の責任者をやっている関係もあり、ビジネス交流会的なものによく誘われます。そういった集まりを否定するつもりはありませんが、ひとつ断言できるのは、交流会で名刺交換するよりも、ブログでつながった人と会うほうが、未来の可能性は広がるということ。

 

いつかニッポン手仕事図鑑でやりたいと考えている食に関するイベントや、少しずつ相談されることが増えてきた自治体のPRのお手伝いをするとき、Takiさんやいのっちさんはとても頼もしく、心強いパートナーになってくれます。ふたりと知り合えたことで、確実にできる仕事が増えましたが、そんなふうに同じ価値観を共有できて、同じ志を持っている人と、交流会では今まで出会ったことがありません…。

 

お互いにブログをやっていて、お互いに会いたい! と思える人との出会いは、かけがえのない出会いになります。だから、ブログをやろうか迷っている人には、ぜひやってもらいたいな、と。ブログを書いていれば、あなたに会いたいと言ってくれる人と、いつか出会えるはずですから。そして、その人との出会いはきっと、かけがえのないものになるはずですから。

 

長くなったのでこのあたりで終わりますが、Takiさんやいのっちさんと、また他の人も誘って会いましょうという話になったので、今度はもっといろいろな人に会いたいな、と。オープンに募集してみるのも面白いかもしれません。Takiさん、いのっちさん、いかがでしょうか?

 

最後に…。
ニッポン手仕事図鑑の新企画「ふたりごと文庫」というコラムにも、いつかおふたりが寄稿をしてくれるとか…。楽しみにしています!
と、おふたりにプレッシャーをかけて、今日は終わりにしたいと思います。

誰でも参加できるプレゼント企画「編集長のおみやげ」開催中!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!