自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

嫉妬心は、成長の邪魔をする

noteで有料記事を書く、売る…ということが、最近よく話題になっています。
先に書いておくと、いつもその話題の中心にいるイケダハヤトさん、はあちゅうさんのファンでもありませんし、特に嫌いでもありません。なので、叩かれていることについてフォローするつもりも、さらに叩くつもりもありません。

 

では何を書きたいかというと、それらの話題に関するブログ記事やコメントについて、です。
いろいろと読んでいると、どうしてもそこに「嫉妬」を感じてしまいます。そう思っているのはきっと、私だけではないような気がします…。

 

彼らのやり方が好きか嫌いかはあっていいと思いますが、嫉妬したり、否定的に見てしまうと、彼らからは何の学びも気づきも得られなくなってしまいます。

 

たとえば、社員が経営者のやり方を否定するなんてことは、日本中の企業で日常茶飯事的に起こっていることです。でも、経営者から学べることはたくさんあるのに、否定的な視点で見ていたら、目の前にある自分を成長させる大きなヒントに気付けなくなってしまうのです…。それって、ものすごくもったいない。そう、どんなに嫌いな人でも、肯定的に眺めてみると、とても素敵な発見があったりしますから。

 

誰だって、嫌いな人はいます。
でも否定の姿勢で見ていたら、何の学びも気づきも得られません。嫌いな人を自分の意思で目の前から排除できないわけですから、だったら自分が嫌いな人からも、何かを学べたほうがいい。個人的にはそう考えています。
だから、嫉妬や否定はできるなら、やめるべきだと思うのです。

 

誰でも参加できるプレゼント企画「編集長のおみやげ」開催中!


ニッポン手仕事図鑑が、10人の職人さんの映像をつくりました!