自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

今年、自分の心を支えてくれた物たち


本を出版しました!

今年はものすごく楽しかった反面、本当に忙しい1年で、もがき苦しみながらいくつもの企画を考え、映像やWEBを制作してきました。苦しいときも本当に多かった…。そんなときにいつもデスクの上で、自分を励ましてくれた物たち。相棒として今年も活躍してくれたウォーターマンの万年筆はもちろん、お気に入りのものたちはいつも、苦しいときに勇気をくれました。そんな感謝の気持ちを込めて、改めて紹介をさせていただきます。

f:id:igooke:20151225215359j:plain

和紙の花のアロマディフューザー
とあるお仕事をお手伝いしたお礼にと、和紙の花 あいりぃさん(https://www.youtube.com/watch?v=MsGkSHG5RA4)がプレゼントしてくれましたアロマディフューザー。アロマオイルの香りに癒やされただけでなく、少しずつ和紙の花が色づくその様子にも癒やされました。いただいてからしばらく立ちますが、今でも和紙に鮮やかな黄色が色づいています。

 

高岡漆器のお盆
8月に伝統工芸 青山スクエア(http://kougeihin.jp/)で、高岡漆器のワークショップに参加しました。まさかその数ヶ月後に、高岡市で本場の技術を見られるとは思わず…。螺鈿細工の難しさを実感しつつも、ニッポン手仕事図鑑のロゴは本当にうまくいったな、と。それはさておき、高岡漆器が持つ輝きに、職人の技術の凄さを日々感じています。

 

いちょうの木のまな板
ウッドペッカー(http://www.hello-woodpecker.com)さんのワークショップでつくらせていただいた、いちょうの木のまな板。万年筆や腕時計など、大切なアイテムたちのトレー化していますが、いちょうの木の手触りはいつも心を癒やしてくれました。この商品は普通に、料理にこだわりのある人にオススメできるまな板です。

 

銭川温泉のストラップ
秋田県鹿角市の撮影でお世話になり、温泉にも入れていただき、絶品の薬膳カレーまでいただいた銭川温泉(http://www.zenikawa.net/)で手に入れた鈴付きのストラップ。企画に行き詰ったときに手にして鈴を鳴らすと、気持ちが落ち着き、冷静さを取り戻させてくれました。いくつものコンペで勝たせていただいたのも、この鈴のおかげかもしれません。手にするといつも浮かんでくる鹿角の風景。早く鹿角へ行きたいです。

 

デスクには物をあまり置きたくないタイプですが、自分を支え、励ましてくれる物があると、仕事にもいい影響が出ます。来年もどんな素晴らしい物たちと出会えるか、今から楽しみです。

秋田県鹿角市の「移住促進用プロモーション映像」が完成しました!


編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly