自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

誰かの心のこもった言葉が、次へと進む勇気を与えてくれる


ジーンときてしまいました。

数日前、制作をさせていただいた秋田県鹿角市の移住促進のプロモーション映像が一般公開されたのですが、さっそくいろいろな方々がfacebookで感想を投稿してくれたり、こんな素敵な記事を書いていただいたり…。

 

鹿角きりたんぽFMのニュースにも取り上げていただきました。

移住促進でPR動画 鹿角市が公開 | 鹿角きりたんぽFM

 

本当にありがたいです。
その他にもたくさんの反響をいただいているのですが、改めて思うのは、こういった言葉以上の喜びはないな、と。冗談抜きに、目がうるうると…。人ってやっぱり、感謝されること、喜んでもらえること、認めてもらうこと、ほめてもらえることが何よりも嬉しい生き物なんだと、自分だけでなく関わってくれたメンバーの表情を見ていて、しみじみそう感じました。どんなにお金をもらっても、きっとこんな感情は芽生えないと思いますから。

 

映像で何かを伝えていくときには、とことん深くまで被写体の魅力や個性を知ろうとすること。その魅力や個性を、過剰な演出をせずに伝えること。撮影のときに自分の心の中にあった感情を信じること。そして、映像制作のプロセスを、とにかく自分たちが楽しむこと。これは絶対に忘れてはいけないことで、何よりも大切なことだと信じてやっています。

 

いただいた数々のメッセージは、「それで、間違っていないよ」と言ってくれているような気がして、次へと進む勇気を与えてくれました。

 

今回の秋田県鹿角市の仕事は、映像を制作する仕事でしたが、これで終わりではありません。あくまでも目標は、ひとりでも多くの移住者を増やすこと。もっと多くの人に映像を観てもらうのはもちろん、現地での体験談や鹿角市の魅力を、これからも地道に発信していきます。次へと進む勇気を与えてくれた恩返しもしたいので。

秋田県鹿角市の移住促進用プロモーション映像が完成しました!


編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly